複雑怪奇な「キャッシュレス還元」を解説

「キャッシュレス還元」のポスターを街中でよく見かけませんか?(5%or2%還元というポスター)

 

あれって誰が還元してくれるの?どうやって還元してくれるの?と思った方も多いかと。

 

説明のハードルが高過ぎて正直国民はあまり理解できていません。

 

そこで本記事ではキャッシュレス還元のややこしい還元方法や仕組みを解説していきたいと思います。

 

また、dカード(GOLD)はキャッシュレス還元事業の対象カードですから、そちらのキャッシュレス還元についても同時に紹介&解説していきます。

そもそもキャッシュレス還元事業って何?

街中でよく下記のようなマークを見かけませんか?

 

CASHLESSマーク(5%還元or2%還元)

これってどういうこと?と、なんとな~くわかるようでわからないキャッシュレス還元事業ですが、経済産業省では以下のような解説があります。

 

2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する「キャッシュレス・消費者還元事業」を実施することとしています。

簡単に言うと「中小・小規模の店舗でキャッシュレス決済(電子マネーやクレジット払い)すると政府がポイント還元してくれる」とのことです。

おかん
なるほど。表面部分はわかったわ。じゃぁなんでポイント還元してくれるん?どうやって還元してくれるん?国民は「またなんかやってるわ~」程度の認識やで。

節約仙人
最大5%or2&還元!とシンプルじゃが細かい部分はまだまだ伝わってないじゃろうな。というわけで、ここではキャッシュレス還元について細かい部分を見ていこう。

 

キャッシュレス還元について以下のことを解説していきます。

 

  • ポイント還元率は「2%」と「5%」の店舗がある
  • 現金でのお買物は対象外
  • キャッシュレス還元は増税後の冷え込み防止
  • 還元方法は「大多数がカード利用金額から割引」
  • キャッシュレス還元は増税後「約9カ月間だけ」
  • 還元でもらえるポイントは月15000ポイントまで

ポイント還元率は「2%」と「5%」の店舗がある

キャッシュレス決済でのポイント還元率は2種類あります。

 

対象 還元率
中小企業・小規模事業者 5%
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗 2%

 

還元率5%対象店舗は町の八百屋さんや書店など、還元率2%対象店舗はコンビニやガソリンスタンドになります。

おかん
日本の全店舗が対象なん?

節約仙人
「ポイント還元事業の事前登録が済んでいる店舗」が対象じゃよ。じゃから事前登録されていない店舗でキャッシュレス決済をしても意味がないということじゃ。

 

詳しい対象店舗の見分け方については後ほど解説します。

現金でのお買物は対象外

主要なキャッシュレス決済はほぼ全て対応しています。

 

対象となる主な決済方法
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • ブランドプリペイド
  • 電子マネー
  • QRコード決済
  • その他サービス

特別な登録は必要なく、普段使うようにクレジットカードや電子マネーを「対象店舗」で利用すればOKです♪

 

現金でのお買い物は「対象外」とだけ覚えておけば大丈夫でしょう。

キャッシュレス還元は増税後の冷え込み防止

前回の増税時(5%→8%)には、増税前の駆け込み需要の反動として、増税後の景気冷え込みをもたらしてしまいました。

 

ですから「また同じことを繰り返してはならぬ!」ということで今回の増税時(8%→10%)で打ち出された対応策が「キャッシュレスによるポイント還元制度」というわけです。

 

さらに、これをきっかけに「キャッシュレス決済の推進」「中小企業・小規模事業者の支援」といった狙いもあります。

おかん
なんで国はキャッシュレス決済を推進するん?

節約仙人
外国人観光客が買い物をする時の利便性を図りたいんじゃろう。日本はまだまだ現金社会じゃからのー。

還元方法は「大多数がカード利用金額から割引」

まず、国の予算約2800億円がどういう仕組みで消費者に還元されるのか?というと「国」「カード会社」「小売店」「消費者」の関係図を見れば簡単です。

 

「国」「カード会社」「小売店」「消費者」の関係図

消費者はキャッシュレス決済することで「国→カード会社→消費者」の流れでポイント還元されます。

 

しかし、還元方法は決済事業者や決済手段によって様々で、必ずしもポイントで還元されるわけではありません。

 

例えば、後ほど紹介するdカード/dカード GOLDの場合は「クレジットカードの請求額から5%または2%相当額を減額」というパターンで、大多数がこの還元方法となります。

キャッシュレス還元は増税後「約9カ月間のみ」

国が永遠とキャッシュレス還元してくれるわけではなく、増税後「約9カ月間のみ」となります。

 

※2019年10月から2020年6月30日まで実施。

おかん
期間限定は残念やけど、今までクレジットカード使ったことない人は「これを機にどれどれ・・・」ってなるかもしれへんな。

節約仙人
現金払いよりクレジットカード払いの方が断然お得じゃからな。9カ月という期間が過ぎても損はせんよ。

還元でもらえるポイントは月15000ポイントまで

dカード/dカード GOLDを含めたクレジットカードによるキャッシュレス還元でもらえる還元額は基本的に「月15,000ポイント」までが上限となっています。

 

また、d払いの場合は「月30,000ポイント」までが上限です。

おかん
実際15,000ポイント貯めよう思ったらいくら利用せなあかんの?

節約仙人

例えば5%還元の対象店でのみ買い物をした場合「月30万円分の買い物」をせんと15,000ポイントには到達できん。

 

じゃから普通に利用するだけなら特に気にすることはないじゃろう。

キャッシュレス還元事業の対象店舗を探す方法

見分ける方法は3つ。

 

  • キャッシュレス消費者還元事業のサイトマップで探す
  • 専用アプリで探す
  • 店舗のポスターで探す

どの方法で探してもOKです。

キャッシュレス消費者還元事業のサイトマップで探す

キャッシュレス還元事業の対象店舗は「経済産業省キャッシュレス消費者還元事業のサイトマップ」で検索することができます。※現在は廃止しています。

 

経済産業省キャッシュレス消費者還元事業のサイトマップ

検索方法は以下のとおり。

 

  • 現在地から探す
  • カテゴリーで探す(小売業/サービス/その他業種)
  • 還元率で探す(5%または2%)
  • 決済手段で探す(クレジットカード/デビットカード/電子マネー/プリペイド/QRコード/その他)

専用アプリで探す

専用のアプリでも確認することもできます。

 

※現在は廃止しています。

  • iOS
  • Android

店舗のポスターで探す

WEBやアプリで探さなくても実店舗に以下のようなマークがあれば対象店舗となります。

 

コンビニのキャッシュレス還元ポスター

また実店舗だけではなく「Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング」といったオンラインショップでも対象店舗なら還元されます。

対象店舗を探すのが面倒なら全てキャッシュレス決済すればいい

先ほどは対象店舗を探す方法をお伝えしましたが「そもそも探すとか面倒くさい!」「対象店舗であったり、そうでなかったりポイント上限があるとか・・・ややこしくてわからない」という方もいるかと。

 

そんな時は「全ての決済をキャッシュレス決済すればいい」だけです。

 

特にクレジットカードでの決済は期間中でなくてもポイント還元されますし、期間中ならさらにお得になるので損はありません。

 

もしクレジットカードを一度も使ったことないという方はこれを機に一度使ってみるのもいいかもしれませんね♪

 

実際使ってみることで、現金がいらない便利さと、ポイントが貯まるお得さが実感できると思います♪

dカード/dカード GOLDはキャッシュレス還元事業の対象

dカード、dカード GOLDはキャッシュレス還元事業の対象で「2019年9月27日に正式発表」がありました。

 

対象のキャッシュレス手段
  • dカード
  • dカード GOLD
  • dカードmini
  • d払い(iD)

dカード/dカード GOLDの詳細

中小企業・小規模事業者 5%還元
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗 2%還元
還元方法 カードの請求額から5%または2%相当額を減額
上限 月15,000円
いつ還元される? 1日~末日の利用分を原則翌々月10日に請求額から減額※1
※1、dカード/dカード GOLDの還元日

 

※dカード/dカード GOLDの場合「決済日の請求額が還元金額を下回る場合」決済日に決済口座に振り込まれます。

 

dカード
dカード
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短5営業日
ETC
初年度無料
2年目以降条件付き無料
ギフトボックス

最大8000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

基本還元率は1.0%と高く、年会費永年無料です。

 

さらに、マクドナルドで2.0%還元、マツモトキヨシでは4.0%還元など、特定の店舗で利用するとお得になるカードです。

 

また、dカードの利用で貯まるポイントは幅広い店舗や企業で利用できる共通ポイントですから使い道に困ることもありません。

dカードGOLD
dカードGOLD
年会費
10,000円(税抜)
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短5営業日
ETC
無料
ギフトボックス

最大13,000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

dカードの上位版クレジットカードで「空港ラウンジが無料」「海外旅行保険は最大1億円」「国内旅行保険は5,000万円」が付帯しており充実したサービスが受けれます。

 

また、年会費は1万円(税抜)ですが、ドコモユーザーなら「ドコモ電話料金の10%分」が貯まるので、これだけで年会費がペイできます。

dカードmini

中小企業・小規模事業者 5%還元
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗 2%還元
還元方法 カードの請求額から5%または2%相当額を減額
上限 月1,500円
いつ還元される? 1日~末日の利用分を原則翌々月末に請求額から減額※2
※2、dカードminiの還元日

d払い(iD)の詳細

中小企業・小規模事業者 5%還元
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗 2%還元
還元方法 カードの請求額から5%または2%相当額を減額
上限 月30000ポイント
いつ還元される? 1日~末日の利用分を原則翌々月末までにポイント付与

 

d払いとは?
スマホにd払い専用アプリをインストールして、そのアプリに表示されるバーコードやQRコードを店舗で読み取ってもらいます。(ネットショップでも利用可能)支払い方法は「ケータイ料金合算」か「クレジットカード」から選ぶことができ、登録できるカードは「VISA、MasterCard、JCB、アメックス」ですから、ほとんどのクレジットカードが登録できます。例えば、支払い方法にクレジットカードを選択した場合、d払いを利用することで、dポイントとそのカードのポイントが貯まります。※dカード(GOLD)の場合はダブルでdポイントが貯まります。

ドコモ・キャッシュレス決済の注意点

注意点をあげておきます。

 

  • 2019年10月1日~2020年6月30日までの期間限定
  • 一部、 購入時に購買金額にポイント相当額を充当する店舗がある
  • キャッシング利用分など一部の支払いはポイント対象外となる

dカード/dカード GOLDの還元分も併用できる

dカード/dカード GOLDを利用するといつでもどこでも「1.0%」還元され、d払いに設置した場合は「+0.5%」、この時点で「還元率1.5%」

 

さらに、キャッシュレス還元事業の還元分「+5.0%」が加わった合計還元率となります。

 

つまり

 

支払方法 還元率
dカード/dカード GOLD +1.0%
d払い +0.5%
キャッシュレス還元事業 +5.0%
合計 6.5%

 

還元率6.5%がどれほど大きいか?利用金額別で通常還元率と比較してみます。

 

※「dカード(GOLD)単体で利用した場合※1」と「全て5%還元の対象店でdカード(GOLD)+d払いを利用した場合※2」を比較します。

 

利用金額 還元率1.0%
(還元額)
還元率6.5%
(還元額)
1万円 100円分 650円分
2万円 200円分 1,300円分
3万円 300円分 1,950円分
4万円 400円分 2,600円分
5万円 500円分 3,250円分
6万円 600円分 3,900円分
7万円 700円分 4,550円分
8万円 800円分 5,200円分
9万円 900円分 5,850円分
10万円 1,000円分 6,500円分

 

10万円分利用した場合、還元率1.0%と、6.5%とでは「5500円分の差」が付きます。

おかん
リッチなママ友ランチも実質無料になるやーん。

節約仙人

もしdカード/dカード GOLDすら使わず10万円分現金払いなら「6500円分→0円」になるからのー。

 

じゃからキャッシュレス決済は利用すればするほどお得になるんじゃよ。

 

最大8,000ポイントプレゼント/
最大13,000ポイントプレゼント/

キャッシュレス還元の「メリット/デメリット」まとめ

キャッシュレス還元についてのメリットデメリットを「消費者」「カード会社」「販売店」「国」の各視点からまとめます。

 

特に消費者の方は「消費者のメリットとデメリット」を十分確認しておきましょう♪

 

カード会社、販売店、国の視点はご参考程度に。

キャッシュレス還元のメリット

節約仙人
キャッシュレス還元事業を利用するべき理由じゃ。

消費者のメリット

1割引やポイントが貯まり節約しやすくなる

キャッシュレス決済することで割引されたり、ポイントが貯まるので現金払いより圧倒的にお得で、節約できます。

 

特に毎日お買い物をする人(主婦など)にとっては「現金→キャッシュレス決済」にするだけですから簡単で、且つ継続しやすい節約方法の一つと言えます。

2お会計が早くなる

お会計時に現金だと「小銭を出す→数える→渡す→店員さん数える→お釣り渡す」という面倒な作業が必要になります。

 

しかし、キャッシュレス決済に切り替えるだけで「○○払いで!チャリーン」と一発。スピーディーですから消費者側もお店側も楽ちんですね♪

 

1回のお会計では数秒の時間ロスですが、年間で見ると相当な時間短縮になるでしょう。

おかん
コンビニで電子マネーはわかるけど小口でクレジットカード使うってどうなん? 暗証番号入れる方が面倒じゃない?

節約仙人

コンビニでのクレジット決済は暗証番号の入力が不要なんじゃ(コンビニでも高額になると暗証番号入力が求められる)

 

それに面倒な金銭の受け渡しもないし過不足も発生せんしのー。じゃから逆に現金払いよりクレジット払いの方が店員さんも喜ぶんじゃよ。

 

3家計簿が自動になる

家計簿をつける場合、現金払いだとレシートを見て自分で家計簿をつけないといけません。

 

しかし、キャッシュレス決済の場合は「自動で利用明細が残る」ので、管理しやすくなります。

 

また、スマホがあれば、いつでもどこでも簡単に確認することができるので便利ですよ♪

4現金を持ち歩かなくてもいい

全ての決済をキャッシュレス決済に切り替えれば自動販売機でジュースを買う程度のお金を入れておくだけでOK!

 

現金が足りなくなった時いちいち銀行に行く手間が省けますし、お財布の中身もスッキリまとめられますよ♪

カード会社のメリット

1加盟店からの手数料が増える

クレジットカード会社は主に「加盟店からの手数料」で成り立っています(年会費無料カードがあるのはそのため)

 

今回、ポイント還元事業の効果でキャッシュレス決済が浸透すると、より多くの加盟店がキャッシュレス決済に対応するでしょう。

 

結果、クレジットカード会社は加盟店からの手数料が増えると見込まれます。

販売店のメリット

1レジの過不足防止

お会計時に過不足が出るのは「お金を数える→レジに入力→お釣りを渡す」この過程でミスをするからです。

 

レジの過不足はお店側の問題だけでなく、消費者も「もらえるはずのお釣りが足りなかった」ということもあるでしょう(小銭なら気付かないこともある)

 

しかし、キャッシュレス決済ならデータ上のやり取りですから限りなく100%正確な受け渡しができます。

2人件費削減

キャッシュレス決済は、現金の受け渡しがないので「時間短縮」されます。

 

例えば、レジで行列が出来た時、通常なら2人以上必要なところキャッシュレス決済が増えれば1人で対応することができ人件費削減できます。

 

また、現金の受け渡しが多ければ銀行へ両替しに行く手間が増え、その分の人件費もかかります。キャッシュレス決済が浸透すれば、そういった頻度は格段に少なくなるでしょう。

国のメリット

1キャッシュレス決済の推進

海外は既にカード社会となっていますが、日本はまだまだ後進国で、現金社会でしょう。

 

今回のキャッシュレス還元効果でキャッシュレス決済の浸透が期待できます。

2脱税対策

キャッシュレス決済はデータ上のやり取りですから、ごまかせません。

 

ですから、現金決済に比べ「脱税」を未然に防げる可能性が高く、税金の徴収率、国の安全性が向上するメリットがあります。

キャッシュレス還元のデメリット

節約仙人
キャッシュレス還元事業を利用するにあたり注意するべき点じゃ。

消費者のデメリット

1クレジットカード未保有者にはハードルが高い

キャッシュレス還元を受けるにはキャッシュレス決済の仕組みを理解し、実際利用しないと還元率が何%であっても意味がありません。

 

クレジットカード?電子マネー?機械のことはよくわからない・・・特に高齢者など、現金払いが当たり前という層にはハードルが高いものです。

 

他にもクレジットカードの審査に通らない層も同様のことが言えます。

 

しかし、本記事で紹介した「dカード/dカード GOLD」のうち、dカードは審査に通過する可能性が高いですし、毎年のカード更新料も無料ですから、まずは一度使ってみて使い方を覚えるところから始めてみましょう♪

節約仙人

最初は不安じゃろうが、1回カードを使えば、2回目からは格段にハードルは低くなるじゃろう。

 

それに年会費無料じゃからリスク0でキャッシュレス生活がスタートできるぞ。

2無駄遣いが増える可能性がある

本当に必要なものを買うのにクレジットカードの利用はおすすめします。

 

しかし、クレジットカードは現金払いと違って、目の前から現金が消えないので「ついつい無駄遣いしてしまう」という人も多い。

 

特にポイントを貯めるためだけにガンガンカードを利用してしまう人は要注意です。

 

キャッシュレス還元事業の割引やポイント還元は「あくまでおまけ」程度に考えておきましょう。

カード会社のデメリット

1クレジットカード以外の決済競争が激しくなる

還元事業の効果で需要が高まるのはクレジットカードだけでなく、他の決済も同様に言えることです。

 

ということは競争が激しくなる可能性も高くなります。

 

しかし消費者にとってはあまり関係のない話ですね。

販売店のデメリット

1急な支出に対応できない場合がある

キャッシュレス決済での売上はカード会社から「即日入金されない」ので、手元の現金がなくなっていきます。

 

そんな時、店舗の備品が壊れたり、何かしらの支出があれば対応できない可能性もあります。

2カード会社に手数料を払わなければいけない

キャッシュレス決済は、消費者が手数料を払わなくていい分、店舗が払わなければなりません。

 

消費者の利便性などを考えキャッシュレス決済に対応した集客もいいですが、複数のキャッシュレス決済を導入すると、それだけ手数料も増えてしまいます。

国のデメリット

1莫大な予算がかかっている

国は「景気低迷」「キャッシュレス決済の推進」に約2800億円という莫大な予算をかけています。

 

しかし”確実に効果が出る施策”とは言い切れないですし、さらに支出が増える可能性も考えるとデメリットと言えるでしょう。

まとめ

キャッシュレス決済は、還元事業の期間が過ぎてもお得なのは変わりありません。

 

現金払いだと1円の得にもならないですからね。

 

本記事で紹介したdカード/dカード GOLDは、基本還元率1.0%ですから、キャッシュレス還元の期間が過ぎても継続してポイントが貯めやすいカードですし、特にドコモユーザーにはお得なサービスや特典が充実しているのでおすすめです♪

 

生活の中で現金払いが多いという方はこの機会に是非キャッシュレス決済を試してみてはいかがでしょうか?♪

 

最大8,000ポイントプレゼント/
最大13,000ポイントプレゼント/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitter
最新キャンペーン情報などを発信しています。