Aカードの還元率とBカードの還元率を比較

年会費無料といっても年会費有料カードより還元率が高く設定されていたり、ポイント倍率アップなどのキャンペーンを組み合わせると「本当に年会費無料?」と思うものばかりです。

節約仙人
最初はクレジットカード還元率についての「基礎知識」じゃ。これからクレジットカードを持ちたいという人は基礎知識は覚えておいたがほうええ。

還元率とは何か?

クレジットカードで買い物をすると利用金額に応じて「ポイント」がもらえます。

 

例えば100円で買い物をした場合「1ポイント」もらえるとしましょう。

 

この時「1ポイント=1円の価値」であれば「還元率1.0%」となります。

還元率の計算方法

1ポイント(獲得ポイント)÷100円(買い物代)×100=1.0%(還元率)

 

例えば還元率1.0%で1万円の買い物をした場合は以下のようになります。

 

「1万円で100ポイント獲得=100円の価値」がもらえます。

おかん
「還元率1.0%」「1ポイント=1円」は、一般的なん?

節約仙人

最もシンプルなパターンで有名なカードで言うと楽天カードがこのスタイルじゃな。

 

ただ全てのカードが還元率1.0%で1ポイント1円というわけではない。還元率について知るには以下のことを知っておかんといかん。

 

  • カード会社によって還元率は異なる
  • カード会社によって1ポイントの価値は違う
  • 1.0%以上は高還元率

では、それぞれ具体的に見ていきましょう。

カード会社によって還元率は異なる

クレジットカードの還元率はカード会社によって異なります。

 

以下の図をご覧ください。

 

A社B社のクレジットカード還元率比較図

 

A社は「100円で1ポイント(1円相当)=還元率1.0%」、それに対し、B社は「200円で1ポイント(1円相当)=還元率0.5%」です。

 

同じ1ポイント(1円相当)を獲得するにも「必要な金額が違う」のがわかります。

 

例えばA社、B社カードで年間50万円利用した時どれほど差が出るのか?を見てみましょう。

 

比較カード 1万円利用 25万円利用 50万円利用
A社カード還元率1.0% 100P 2500P 5000P
B社カード還元率0.5% 50P 1250P 2500P

 

差は「2500ポイント」となります。もし年間100万円利用したら5000ポイントも差が出てしまいます。

おかん
還元率0.5%違うだけでこんな差でるねんな。

節約仙人
月単位で見れば大差ないが、年単位で見ると差も目立ってくるのー。じゃから選ぶカードの還元率は必ずチェックしておくんじゃぞ。

カード会社によって1ポイントの価値は違う

「1ポイント1円相当」「1ポイント5円相当」の説明図

クレジットカードのポイントには「1ポイント=1円の価値」もあれば「1ポイント=5円の価値」もあります。

 

例えば1,000円で1ポイント貯まるカードがあるとします。

 

一見1,000円で1ポイントなら還元率0.01%ではないか?と思うかもしれませんが「1ポイント=5円の価値」であれば還元率0.5%となります。

 

この「1,000円で1ポイント(5円相当)=還元率0.5%」設定のカードはわりと多い。

 

1ポイントの価値はカード会社によってバラバラで「100円で1ポイント付くのか」「1000円で1ポイント付くのか」というポイント付与率が違います。

 

といっても見るべきところは一つ「還元率」です。ややこしくてわからない方は「カードの還元率は何%か?」だけ見ておけばOKです。

おかん
1000円で1ポイント付くカードで買い物した時、999円やったらポイント付かへんの?

節約仙人
999円でも100円でも月の総利用額からの還元じゃから例え少額でも無駄にはならん。

1.0%以上は高還元率

昔は還元率1.5~2.0%のクレジットカードを高還元率カードと呼んでいましたが、現在では「還元率1.0%」が高還元率カードと呼ばれています。

 

還元率の目安をまとめると

 

還元率 目安
0.5% 一般
0.75% 一般よりやや高い
1.0% 高い
1.2~1.5% 非常に高い

 

還元率「0.5%」なら普通で、「1.0%以上」は高い部類です。

 

例えば、還元率0.5%と1.0%では倍違うので「ポイントが貯まるスピード」も倍違います。早くポイントを貯めたい方は1.0%以上がおすすめ。

 

っと言いたいところですがクレジットカードにはそれぞれ還元率がアップする特典があり、還元率0.5%の一般水準でも、高還元率になる場合もあります。

 

ですから単純に基本還元率が高ければ良いというわけではありません。※後ほど詳しく解説します。

なぜ昔に比べ還元率が下がってしまったのか?

クレジットカードの還元率が下がった理由は「政府がクレジットカード会社に対して加盟店から受け取る手数料を引き下げるよう要請されたから」です。これは消費税率引き上げに合わせた景気対策だそうです。

 

この手数料というのは、クレジットカードでポイント還元される仕組みを見ればわかります。以下の図をご覧ください。

 

利用者にポイント還元される仕組み

  1. 利用者が加盟店で「買い物」をする
  2. 加盟店はカード会社に手数料を払う
    ※実際は「利用者が使った代金-手数料」をカード会社からもらう
  3. カード会社は加盟店からの手数料の一部を「ポイント」で利用者に還元する

②の「加盟店はカード会社に手数料を払う」←この部分が引き下げになったということ。

 

カード会社は加盟店からの手数料が少なくなれば、利用者に還元する手数料の一部も少なくなるわけですから「昔より還元率が下がった理由」はこれが原因です。

 

とはいってもまだまだ1.0%還元されるのですから「もらえるものはもらっておく」べきかと。

 

気が付いたら数千~数万はすぐに貯まるくらいの還元率ですから。

節約仙人
還元率が下がったと言っても、あくまで基本還元率の話じゃ。カード会社や加盟店の「キャンペーンやポイント倍率特典」がある限り絶望的な数字とは言えんじゃろう。

クレジットカードを還元率で探す時の選び方ガイド

おかん
早く貯まった方がええし、みんな還元率1.0%以上のカード選ぶやん。

節約仙人
シンプルに還元率だけで選ぶのもありじゃ。じゃが還元率0.5%のカードであっても「特定の条件を満たせば高還元率」になったり「サービスや特典」「付帯保険」が充実していたりするんじゃよ。

例えばオリコカードは旅行保険が一切ない代わりに高還元率1.0%を売りにしています。つまり「基本還元率に特化したカード」ということになります。

 

反対に、三井住友カードは還元率が0.5%ですが「特定の条件を満たせば還元率最大20倍」や、基本還元率が低い代わりに「国内・海外の旅行傷害保険」が自動付帯しており旅行好きな方にとっては嬉しい特典もあります。

 

このように還元率0.5%だから高還元率カードより劣るということはありません。

カードの特典で還元率は変わる

例えば、イオンカードは毎月○○の付く日はポイント○倍というように「条件付きでポイント倍率がアップ」する特典があります。

 

カードの還元率を見たとき「200円で1ポイント(1円相当)=還元率0.5%」ですが、これだけで「還元率が低いからやめよう」っと決めてしまうのは時期尚早ということ。

 

イオンカードはイオングループで使うとポイントが数倍付くので「イオングループをよく利用する人」なら還元率0.5%であっても十分選択肢に入れていいでしょう。

 

あくまでカードの還元率は基準(目安)です。使用する用途次第で選ぶカードを考えてみてください。

おかん
単純に還元率だけで選ぶのは後々損するかもしれへんってことやな。

節約仙人

高還元率であるに越したことはないが「使う場所次第」で還元率0.5%が数倍になることもあるからのー。

 

大事なのは還元率だけじゃなく「最もお金を使う場所」を考え、それに合うカードも視野に入れることじゃな。

電子マネーを利用すれば還元率は変わる

電子マネーiDとクイックペイのロゴ

基本還元率が低くても「電子マネーを利用することで還元率がアップする」こともあります。

 

例えば通常利用で還元率0.5%のカードが電子マネーを利用することで還元率がアップします。

 

  • 電子マネー支払いで還元率0.5%
  • チャージで還元率0.5%
  • 最終還元率1.0%

このように電子マネーの支払いと、チャージの2重取りが可能に。

おかん
電子マネーっていつ使うん?

節約仙人
例えば街中のコンビニやスーパー、自動販売機でも使えるぞ。従って電子マネーはクレジットカードより利便性が高いと言える。

貯まるポイントは何に交換できるか?

見落としがちな盲点がこれ。

 

せっかく自分にとって貯めやすいカードを選んでも「交換したいものがない」もしくは「交換したいものに交換するとレートが下がってしまう」というパターンです。

 

今となっては、どのカードも豊富な交換先が用意されており困ることはほぼありません。しかし「交換したいものに交換するとレートが下がってしまう」については要確認です。

 

例えば「dポイント」へ交換する際の交換レートを以下2社で比べてみます。

 

カード会社/交換前 交換後
JCB CARD W
(1ポイント5円の価値)
1ポイント=4円の価値
三井住友カード
(1ポイント5円の価値)
1ポイント=5円の価値

 

JCBの場合は1ポイント5円の価値が「1ポイント4円の価値」に下がってしまいます。反対に三井住友カードは「1ポイント5円の価値」はそのまま。

 

もちろん交換先によって「レートが変わるもの・変わらないもの」はカード会社によってバラバラですから「交換したいもの」があれば事前に確認が必要です。

 

※確認しておくべき点
  • 貯まるポイントが何に交換できるのか?
  • 交換したいものに交換する時、レートはそのままか?下がるのか?

年会費無料クレジットカードの還元率を比較

年会費無料クレジットカードのみで還元率を比較します。

 

ここで比較するカードは以下の7種類。

すべての還元率を比較
年会費無料カード 基本還元率 ポイント付与率/1ポイントの価値

JCB CARD W

JCB CARD W
1.0% ・1,000円で2P付与
・1P=5円の価値

三井住友カード

三井住友カード
0.5% ・1000円で1P付与
・1P=5円の価値

セゾンカード

セゾンカードインターナショナル
0.5% ・1000円で1P付与
・1P=5円の価値

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
0.5% ・200円で1P付与
・1P=1円の価値

楽天カード

楽天カード
1.0% ・100円で1P付与
・1P=1円の価値

オリコカード

オリコカード・ザ・ポイント
1.0% ・100円で1P付与
・1P=1円の価値

リクルートカード

楽天優待店
1.2% ・100円=1.2ポイント
・1P=1円の価値
※月間利用金額合計の1.2%分のポイントが付与

dカード

dカード
1.0% ・100円で1P付与
・1P=1円の価値
還元率1.0%以上のカードを比較
年会費無料カード 基本還元率 ポイント付与率/1ポイントの価値

JCB CARD W

JCB CARD W
1.0% ・1,000円で2P付与
・1P=5円の価値

楽天カード

楽天カード
1.0% ・100円で1P付与
・1P=1円の価値

オリコカード

オリコカード・ザ・ポイント
1.0% ・100円で1P付与
・1P=1円の価値

リクルートカード

リクルートカード
1.2% ・100円=1.2ポイント
・1P=1円の価値
※月間利用金額合計の1.2%分のポイントが付与

dカード

dカード
1.0% ・100円で1P付与
・1P=1円の価値
還元率1.0%以下のカードを比較
年会費無料カード 基本還元率 ポイント付与率/1ポイントの価値

三井住友カード

三井住友カード
0.5% ・1000円で1P付与
・1P=5円の価値

セゾンカード

セゾンカードインターナショナル
0.5% ・1000円で1P付与
・1P=5円の価値

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
0.5% ・200円で1P付与
・1P=1円の価値

おかん
JCBは1,000円で2ポイントしかもらえんけど、1ポイント5円やったら楽天カードと還元率一緒やな。

節約仙人
見るべきところは「いくらで何ポイントもらえるか」よりも「還元率は何パーセントか?」という部分じゃな。ここがすべてじゃ。

JCB CARD Wの還元率

JCB CARD W
JCB CARD W
年会費
永年無料
還元率
1.0%
発行
最短3営業日
ETC
無料
ギフトボックス

最大11,500円分プレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
※18歳~39歳以下の方でWEB入会限定のカードです。
還元率 ポイント付与率 1ポイントの価値
1.0% 1,000円で2P 5円

 

このカードの還元率がアップする特典
  • JCBオリジナルシリーズ専用サイトを経由で還元率アップ
  • OkiDokiランド経由で還元率アップ
  • MyJチェック登録でAmazon利用時の還元率アップ

おかん
専用サイトを経由してカード利用するとさらに還元率アップや。

JCBオリジナルシリーズ専用サイトを経由で還元率アップ

専用サイト経由で還元率アップ

「JCBカード優待店」が集まったJCBが運営するサイトです。

 

参加企業はスタバやセブンイレブン、アマゾンなど誰もが知る店舗が参加しており、このサイトを経由してカード利用すれば還元率がアップします。

実際どれくらい還元率がアップするのか?一部店舗の例
パートナー店 基本還元率×ポイント倍率 JCB CARD W特典還元率 最終還元率
スターバックス※1 0.5%×「10倍」=5.0% 0.5% 5.5%
セブンイレブン 0.5%×「3倍」=1.5% 0.5% 2.0%
イトーヨーカドー 0.5%×「3倍」=1.5% 0.5% 2.0%
Amazon 0.5%×「3倍」=1.5% 0.5% 2.0%
ビックカメラ 0.5%×「2倍」=1.0% 0.5% 1.5%

 

0.5%(基本還元率)×ポイント倍率(店舗ごとの倍率)+0.5%(JCB CARD W特典還元率)=「最終還元率」になります。

 

ただし、還元率アップには条件があり、各店舗によって条件が異なるので確認が必要です。

 

詳細JCBオリジナルシリーズ専用サイト

 

還元率アップの条件
  • 事前にキャンペーン登録すればポイント倍付する店舗
  • WEBサイト経由すればポイント倍付する店舗
  • 利用するだけでポイント倍付する店舗(実店舗)

ポイント倍付とは基本還元率にかかる倍率と考えてください。

 

少しややこしくなりますがJCB CARD Wの場合、還元率は1.0%ですが、ただの1.0%ではなく内訳が「0.5%(基本還元率)+0.5%( JCB CARD Wの特典還元率)=還元率1.0%」となっています。

 

もし特典でポイント2倍とあれば「基本還元率0.5%が2倍になる」という意味ですから、ポイント2倍で還元率2.0%ではなく「還元率1.5%」になります。

 

・ポイント2倍=最終還元率1.5%
・ポイント3倍=最終還元率2.0%
・ポイント4倍=最終還元率2.5%
・ポイント5倍=最終還元率3.0%

おかん
ややこしいけど間違えたらあかんでー。基本還元率0.5%に倍率がかかる!覚えときや!

OkiDokiランド経由で還元率アップ

OkiDokiランドの簡単説明図

楽天やYahoo!ショッピングはJCBオリジナルシリーズパートナーではありません。

 

ですから、パートナー以外の店舗では「OkiDokiランド」を経由することで基本還元率が2倍~20倍アップします。

 

何度も言いますがJCB CARD Wの還元率1.0%に倍率がかかるのではなく「基本還元率0.5%」に倍率がかかります。

 

「0.5%(通常還元率)×2(各ショップの最低ポイント倍率)+0.5%( JCB CARD Wの特典還元率)=還元率1.5%」になるのでOkiDokiランドを経由すれば「最低1.5%還元率」となります。

 

また、OkiDokiランドには約400店が参加しており「各ショップの独自ポイント」も獲得出来るためポイント3重取りも可能。

 

「JCB CARD W利用でもらえるポイント」+「OkiDokiランドでもらえるポイント」+「各ショップの独自ポイント」

 

例えば楽天なら100円で1ポイント(1円の価値)ですから合算した最終還元率は以下のようになります。

 

基本還元率 +0.5%
JCB CARD W利用特典 +0.5%
OkiDokiランド経由 +0.5%
楽天ショップの独自ポイント 1.0%
合計還元率 2.5%

 

通常、楽天で買い物をすれば還元率1.0%ですが、OkiDokiランドを経由してJCB CARD Wを利用するだけで2.5%になるのは大きい差でしょう。

MyJチェック登録でAmazon利用時還元率アップ

MyJチェック登録をするとクレジットカードの代金明細書が、紙の郵送から「メール」になります。

 

この登録をすることでAmazon利用時の還元率が2.0%になるので、Amazon利用者にとっては嬉しい特典でしょう。

 

基本還元率 +0.5%
JCB CARD W利用特典 +0.5%
MyJチェック登録 +0.5%
OkiDokiランド利用 +0.5%
合計還元率 2.0%

 

詳細MyJチェック 登録

 

おかん
むしろ紙よりメールの方がありがたいわー。スマホでいつでも見れるしな。

節約仙人
登録は面倒じゃが一度してしまえばAmazon利用時の還元率が2.0%じゃからな。
※JCB CARD Wでは、ほとんどのポイントサービスや保険が「MyJチェック登録されている前提」ですから登録しておくと便利でお得になります。

貯まったポイントの有効期限

JCB CARD WのOkiDokiポイント有効期限は獲得月より「2年間」です。

 

JCBはカードの種類によってポイントの有効期限が異なり「ゴールドなら3年間」「ゴールド以上なら5年間」となります。

 

ポイントは獲得月より1カ月単位で有効期限が過ぎたポイントから失効されていきます。

最大11,500円分プレゼント/

三井住友カードの還元率

三井住友カード
年会費

初年度無料

2年目以降条件付き無料
還元率
0.5%~0.65%
発行
最短3営業日
ETC
500円(税別)初年度無料
ギフトボックス

利用代金20%(最大12,000円)プレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
還元率 ポイント付与率 1ポイントの価値
0.5% 1,000円で1P 5円

 

このカードの還元率がアップする特典
  • 年間利用額に応じて還元率アップ
  • ポイントUPモール経由で還元率アップ
  • ココイコ!サービスで還元率アップ
  • スマホの利用料分支払いで還元率アップ
  • コンビニやマクドナルドで還元率アップ

おかん
ネットショッピングなら「ポイントUPモール経由」で、リアル店舗なら「ココイコ!サービス」を使い分けたら還元率がお得になるで。

年間利用額に応じて還元率アップ

三井住友カードは年間50万以上利用で還元率がアップします。

 

どれほどアップするのか?はステージ別で変わってきます。

 

ステージ 前年度の年間利用額 還元率
V1ステージ 50万~100万円 0.55%
V2ステージ 100万~300万円 0.575%
V3ステージ 300万以上 0.65%

 

ステージは「V1~V3」の3ステージで前年度の利用額に応じて翌年ボーナスポイントとして還元率がアップするという仕組みです。

おかん
年間50万も使う?ハードル高ない?

節約仙人

年間で50万利用するには「月4万と少し」じゃ。毎月の家賃や光熱費、食費、携帯代が月4万以下ということはなかろう。

 

+ショッピング利用も含めると年間50万はわりとハードル低めだったりするんじゃ。

ポイントUPモール経由で還元率アップ

ポイントUPモールの使い方

詳細ポイントUPモール

 

ポイントUPモールとは三井住友カードが運営する「ネット&リアル店舗のショッピングモール」です。店舗は「Amazon、yahoo、楽天、一休.comなど」有名企業はもちろん多数のショップが参加。

 

ポイントUPモールを経由して参加店舗のショップで三井住友カードを利用すると還元率が最大20倍になります。

 

例えば、三井住友カードは還元率0.5%ですから2倍なら「還元率1.0%」、3倍なら「還元率1.5%」、4倍なら「還元率2.0%」、最大20倍なら「還元率10.0%」というショップもあります。

 

またポイントUPモールを経由すれば「還元率2倍(1.0%)以上が確定」で、他にも「各ショップの独自ポイント」も追加され2重取りも可能。普通にネットショッピングするよりお得です。

ココイコ!サービスで還元率アップ

ココイコ!の使い方

詳細ココイコ!

 

  1. 行きたいお店を見つけてエントリー
  2. 店舗に来店して三井住友カードで決済

ココイコ!は「リアル店舗」でのお買い物で還元率がアップします。

 

店舗によりますが平均して「ポイント3倍」ですから街中でもお得にポイントを貯めることができます。

 

また、スマホにも対応しているので「お店の中でエントリー」も可能。

おかん
エントリー数の制限とかあるん?

節約仙人
エントリー数の制限はない。じゃんじゃんエントリーたらええ。またエントリーしたからといって必ず買う必要もないんじゃ。
エントリーしてからの有効期限
店舗によって異なるので各お店の詳細ページで確認してください。もし有効期限が超過していた場合、カード支払いしても対象外となります。また、有効期限が切れても再度何度でもエントリーできます。

スマホの利用料分支払いで還元率アップ

毎月のスマホ代の利用分を三井住友カードで支払えば「ポイント2倍(還元率1.0%)」に。

 

例えばスマホ代が毎月1万円だった場合、1カ月で「20ポイント=100円の価値」貯まり、年間なら「240ポイント=1200円の価値」になります。

 

対象キャリアは「docomo/au/SoftBank/Y!mobile」で、条件は「WEB明細書サービスに登録」するだけです。

 

詳細カードご利用代金WEB明細書サービス

コンビニやマクドナルドで還元率アップ

主要コンビニ(セブンイレブン/ファミリーマート/ローソン)や、マクドナルドで三井住友カードを利用すると「いつでもポイント5倍(還元率2.5%)」です。

 

これはキャンペーンではないので、条件は一切ありません。エントリー不要でポイント5倍です。

 

ポイント5倍の加算方法
  • 合算金額1,000円につき1ポイント(1倍分)
  • 合算金額250円に付き1ポイント加算(4倍分)
例えばコンビニで5000円利用した場合
  1. 通常1,000円で1ポイント=5ポイント獲得
  2. 250円に付き1ポイント加算=20ポイント獲得
  3. 合計25ポイント(5倍)獲得

 

またポイント5倍の支払い対象は「クレジットカード支払い/VISAタッチ決済/iD」です。

 

一体型カード以外にもiD専用カード、おサイフケータイ、Apple PayのiD支払いでもポイント5倍対象となります。

一体型の「VISAタッチ」「iD」の確認方法

三井住友カード一体型のVISAタッチとiDの位置

カードの表と裏に赤枠で囲ったマークがあれば使用できます。

貯まったポイントの有効期限

「ポイント獲得月から2年間」です。

 

また、貯めたポイントの有効期限はインターネットサービス「Vpass」でも確認可能。

利用代金20%(最大12,000円)プレゼント/

セゾンカードインターナショナルの還元率

セゾンカードインターナショナル
セゾンカード・プラス
年会費
永久無料
還元率
0.5%~15%
発行
最短即日
ETC
無料
ギフトボックス

現在キャンペーンはありません

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
還元率 ポイント付与率 1ポイントの価値
0.5% 1,000円で1P 5円

 

このカードの還元率がアップする特典
  • セゾンポイントモール経由で還元率アップ
  • セブンイレブンで還元率アップ

おかん
セゾンポイントモールにはAmazonや楽天も出典してんで。

セゾンポイントモール経由で還元率アップ

詳細セゾンポイントモール

 

「セゾンポイントモールを経由」すれば永久不滅ポイントが最大30倍貯まります。還元率にして最大15%。

 

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの有名ショップでは2倍。

 

また「ショップの独自ポイントも+α」されるので最終還元率がさらにアップします。

セゾンモールで経由で楽天ショップ利用時(例)

1万円払った場合の合計還元率説明図

セゾンポイントモールを経由するだけで「最終還元率2.0%」ですから経由した方が断然お得になります。

おかん
永久不滅ポイントってなんなん?

節約仙人
クレジットカードで貯まるポイントには有効期限があるんじゃ。セゾンカードで貯まるポイントは「永久的に失効しないポイント」じゃから、ゆっくり貯めたい人におすすめじゃな。

セブンイレブンで還元率アップ

詳細セゾンカードのご利用で「nanacoポイント」が貯まるサービス

 

セゾンのインターネットサービス「Netアンサー」に事前登録しておけば、全国のセブンイレブンやイトーヨーカードで「永久不滅ポイント+nanacoポイント」を2重取りできます。

 

還元率は以下のようになります。

 

永久不滅ポイント +0.5%
nanacoポイント +1.0%
合計還元率 1.5%

おかん
セブンイレブンによく行く人にはお得な特典や。

節約仙人
コンビニも週に2~3日利用するだけで年間平均約8万円くらいじゃから、還元率1.5%なら1200円相当は貯まるのー。

貯まったポイントの有効期限

セゾンカード「永久不滅ポイント」といって有効期限がありません。

 

永久に失効しないので、有効期限を気にすることなくゆっくりポイントを貯めたい人におすすめのカードです。

イオンカードセレクトの還元率

イオンカードセレクト
イオンカード
年会費
永年無料
還元率
0.5%~1.0%
発行
1~2週間
ETC
無料
ギフトボックス

1,500円相当分の電子マネーWAONプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
還元率 ポイント付与率 1ポイントの価値
0.5% 200円で1P 1円

 

このカードの還元率がアップする特典
  • ○○の付く日で還元率アップ
  • ときめきポイントTOWN経由で還元率アップ
  • WAONの支払いとオートチャージで還元率アップ

おかん
イオンカードは「○○の付く日」で還元率アップ」がお得や。1カ月のうちで倍率上がる日はチェックしとかなあかん!

○○の付く日で還元率アップ

「1カ月のうちで指定された日」にイオンカードを利用すると還元率がアップします。

 

倍率だけじゃなく割引キャンペーンもありますが、ここでは還元率アップのみを一覧にまとめておきます。

 

※対象店舗のみはイオングループです(イオン/ダイエー/マックスバリュなど)
開催日 特典内容
毎日
(ときめきポイント)
・いつでも「ときめきポイント2倍」
(対象店舗のみ)
毎月10日
(ときめきポイント)
・ときめきWポイントデーで「イオングループ以外でときめきポイント2倍」
毎月5日15日25日
(WAONポイント)
・わくわくデーは「ポイント2倍」
(対象店舗のみ)
・対象カードは「WAONカード/WAON POINTカード/JMBWAON」
毎月10日
(WAONポイント)
・ありが10デーで「ポイント5倍」
(対象店舗のみ)

 

イオンカードの還元率は0.5%ですからポイント2倍なら「0.5%×2=還元率1.0%」になります。

おかん
5の倍数の日は「還元率アップする日」って覚えたらええ。

ときめきポイントTOWN経由で還元率アップ

詳細ときめきポイントTOWN

 

ときめきポイントTWONとは「イオンカード会員限定のポイント優待サイト」です。

 

この優待サイトを経由してイオンカードでお買い物をすれば「ポイント2倍~最大21倍」のボーナスポイントが獲得できます。還元率にすると「1.0%~10.5%」です。

 

例えば、最大21倍の場合、1万円のお買い物で「1050ポイント(還元率10.5%)」貯まる計算。

 

ポイント倍率別に1万円お買い物をした場合のボーナスポイントをまとめます。

 

ポイント倍率 獲得ポイント(1P=1円) ポイント倍率 獲得ポイント(1P=1円)
2倍 100P 12倍 600P
3倍 150P 13倍 650P
4倍 200P 14倍 700P
5倍 250P 15倍 750P
6倍 300P 16倍 800P
7倍 350P 17倍 850P
8倍 400P 18倍 900P
9倍 450P 19倍 950P
10倍 500P 20倍 1000P
11倍 550P 21倍 1050P

 

ときめきポイントTWONには「Amazon/楽天/Yahoo!ショッピング」などの有名ショップはもちろん約450店以上のショップが参加しており、サイト内では「ショップ名やキーワード」を直接入力して検索することもできます。

おかん
Amazonや楽天は還元率1.0%や。最大で還元率10.5%のショップもあるで。

WAONの支払いとオートチャージで還元率アップ

WAONポイントのロゴ

WAONの支払い&オートチャージで「WAONポイントが2重取り」でき還元率アップです。

 

オートチャージとは、WAON残高が設定未満になると設定したチャージ金額が自動でチャージできるサービスで、チャージした分はイオンカードセレクト利用分と一緒に請求されます。

 

還元率の内訳がこちら

 

WAONの支払い200円で1P付与 +0.5%
オートチャージ200円で1P付与 +0.5%
合計還元率 1.0%

おかん
普通にクレジット決済するより、WAONで支払いした方がお得や。

貯まったポイントの有効期限

イオンカードで貯まる「ときめきポイント」は有効期限が少しややこしい。

 

というのも「本会員の誕生日月」「獲得した時期」によって「最短で1年」「最長で2年」と有効期限が変わります。

 

ポイント獲得期間 誕生日月の11日~翌年誕生日の月10日まで
ポイント有効期限 「ポイント獲得期間の開始日(誕生日月の11日)」から翌々年誕生日月の末日まで

 

有効期限は誕生日月によって、それぞれ違います。例えば8月が誕生日月の例を見てみましょう。

 

8月が誕生日の場合「8月11日~翌年8月10日※青の矢印の部分」の間にポイント獲得した分は「翌々年の8月末日」までが有効期限です。

 

最短で1年、最長で2年の理由はというと

 

例えば「2018年8月11日~2019年8月10日」の間に獲得したポイントは「2020年8月末日まで」ですから「2018年8月11日」に獲得したポイントは「残り2年」、「2019年8月10日」に獲得したポイントは「残り1年」となるからです。

おかん
あかん、絶対忘れるわ。ややこしい。

節約仙人
覚えやすい方法は「1~2年は関係なく自分の誕生日月が有効期限」と覚えておけばいい。誕生日が近付いてきたら有効期限を調べる。それなら簡単じゃよ。
1,500円相当分の電子マネーWAONプレゼント/

楽天カードの還元率

楽天カード
楽天カード
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短3営業日
ETC
500円(税別)
ギフトボックス

最大5,000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
還元率 ポイント付与率 1ポイントの価値
1.0% 100円で1P 1円

 

このカードの還元率がアップする特典
  • スーパーポイントアッププログラム(SPU)で還元率アップ
  • ショップ買い回りで還元率アップ
  • 毎月5と0の付く日は還元率アップ
  • 楽天西友ネットスーパーで還元率アップ
  • 優待店で還元率アップ
  • 楽天ペイで還元率アップ

※キャンペーンでもらうポイントは通常ポイントでなく期間限定ポイントが多い。期間限定ポイントであっても1ポイント1円として利用できますが期間が40日~45日と短いの気をつけてください。

おかん
スーパーポイントアッププログラム(SPU)ってなんなん?

節約仙人
楽天カードを利用して「条件」をクリアした分だけ「還元率がアップする」仕組みのことじゃ。最大で16倍じゃ。

スーパーポイントアッププログラム(SPU)で還元率アップ

楽天市場では楽天カードがなくてもお買い物ポイントとして1%還元されます。

 

しかし楽天市場で楽天カードを利用すれば通常のお買い物ポイント1倍(還元率1.0%)が「ポイント3倍~最大16倍」獲得することができます。

 

これがスーパーポイントアッププログラム(以下SPUに省略)と呼ばれる仕組みです。

 

テレビCMでもおなじみですね。

 

では、SPUの達成条件を見てみましょう。

 

サービス 倍率 条件/上限
楽天カード +2倍 楽天カードを利用して楽天市場でお買い物
楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード +2倍 プレミアム、ゴールドを利用して楽天市場でお買い物
楽天銀行+楽天カード +1倍 楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし
楽天の保険+楽天カード +1倍 楽天の保険料を楽天カードでお支払い
楽天でんき +0.5倍 加入&利用
楽天市場アプリ +0.5倍 楽天市場アプリでお買い物
楽天証券 +1倍 月1回500円以上ポイント投資
楽天モバイル +1倍 対象サービスを契約
楽天Pasha +0.5倍 トクダネ対象商品を購入してレシート申請で合計100ポイント以上獲得
楽天TV +1倍 楽天TVのNBAまたはパ・リーグSpecial加入・契約更新
Rakuten Fashion +0.5倍 月1回以上お買い物
楽天ブックス +0.5倍 月1回1注文1,000円以上のお買い物
楽天kodo +0.5倍 電子書籍を月1回1注文1,000円以上のお買い物
楽天トラベル +1倍 対象サービス・対象期間の利用
楽天ビューティ +1倍 月1回1,500円以上利用
楽天ひかり +1倍 対象サービスを契約

おかん
簡単な条件やったらどれくらいの還元率になるん?

節約仙人
そうじゃのー「楽天カード」と「楽天銀行+楽天カード」それに「楽天アプリ」で還元率がどれくらいになるか計算すると以下のようになるぞ。

 

楽天会員 +1.0%
楽天カード +2.0%
楽天銀行+楽天カード +1.0%
楽天アプリ +0.5%
合計還元率 4.5%

 

さらに他の条件をクリアすると還元率はアップしていきます。

 

※表の条件は2019年8月の情報です。内容が変わりやすいので公式サイトもチェックしておいたほうがいいでしょう。

 

参考・参照楽天市場のSPU公式サイト

ショップ買い回りで還元率アップ

ショップ買い回りとは「購入したショップ数に応じてポイント倍率が上がる」キャンペーンです。

 

楽天スーパーSALEやお買い物マラソンといったキャンペーンと同時開催しています。

 

仕組みについては以下の図をご覧ください。

 

ショップ買い回しの説明図

1ショップ購入すれば1倍(還元率+1.0%)、2ショップなら2倍(還元率+2.0%)、10ショップなら最大10倍(還元率10.0%)となります。

 

注意点は1ショップで1,000円以上購入しないと1カウントされない点。

 

例えば、5ショップ買い回って1ショップが1,000円以下の場合、カウントされるのは4ショップのみ。

 

4ショップの特典は+3.0%、そこに基本ポイント1.0%がプラスされ「還元率4.0%」となります。つまり4倍。

 

キャンペーン中に購入した合計金額から4.0%還元される仕組みです。

 

ショップ買い回りの条件
  • 買い回りの順番は問わない
  • 1ショップ1,000円以上(税込)で1カウント
  • 同じショップで2回お買い物しても1カウント
  • 上限10000ポイントまで
  • 獲得できるポイントはすべて期間限定ポイント

おかん
買いたいもの考えておいてキャンペーン狙った方がお得やな。ちなみにSPUも併用できるん?

節約仙人
併用可能じゃよ。じゃからショップ買い回りで最大10倍、さらにSPUを絡めると還元率がさらに倍増するんじゃ。

おかん
配りまくってんなー。餅まきみたいや。

毎月5と0の付く日は還元率アップ

具体的な日は「5日/10日/15日/20日/25日/30日」の0時0分~23時59分が対象日で還元率が2倍になります。

 

楽天市場で楽天カードを利用すると還元率3.0%ですが、5と0のつく日は「+2.0%」で「最終還元率5.0%」と大幅アップ。

 

楽天会員 +1.0%
楽天カード +2.0%
5と0のつく日 +2.0%
合計還元率 5.0%

 

また、SPUで他の条件を絡ませると、さらに還元率がアップします。

おかん
5の倍数は還元率アップするって覚えといたらええ。

楽天西友ネットスーパーで還元率アップ

詳細楽天西友ネットスーパー はじめての方へ

 

楽天と西友が運営する「楽天西友ネットスーパー」で、楽天カードを利用すると「いつでも還元率2.0%」です。

 

「食品や日用品」をネットで購入することができ最短当日に配達可能となっています(一定以上のお買い物なら送料無料)

 

ただし、全都道府県は展開していないため配送エリア限定のサービスです。

 

※2019年8月の情報です。

 

エリア外にお住まいの方は「西友楽天市場店」を利用すれば全国へ届けてくれます。

優待店で還元率アップ

楽天の優待店舗で楽天カードを利用すると「還元率2.0~3.0%」になります。

 

ファッションストアや引っ越し業者などの加盟店で還元率がアップし、楽天カードで支払うだけですから簡単です。

 

  1. 優待店へ行く
  2. 楽天カードで支払い

優待店は「楽天カードの優待」で確認できます。

楽天ペイで還元率アップ

詳細楽天ペイをダウンロード

 

楽天ペイとはネットショッピングや街のお店でも使える「アプリ決済サービス」で、楽天ペイで決済するとクレジットポイントの他に「還元率0.5%(200円で1ポイント)」が上乗せされます。

 

また楽天ペイは楽天会員情報にクレジットカードを登録しておけばチャージする必要はありません。スマホ一つで、いつでもお買い物できるため財布を持ち歩かなくていいメリットがあります。

 

例えばローソンやファミリーマートなどの大手コンビニチェーン、グルメならスシロー、ファーストキッチンなどで利用可能です。

 

楽天ペイが使えるお店は「楽天ペイが使えるお店」で確認できます。

 

楽天ペイの使い方は「楽天ペイアプリの使い方」で確認できます。

貯まったポイントの有効期限

楽天ポイントは「通常ポイント」「期間限定ポイント」の2種類あります。

 

種類 有効期限
通常ポイント 最後に楽天ポイントを獲得した月から1年間
期間限定ポイント 40日~45日

 

例えば、通常ポイントの場合、2019年8月にポイントを獲得したら2020年7月末までが有効です。

 

この2019年8月~2020年7月末までに「新たにポイント獲得(通常ポイントに限る)」した場合は、その月から1年後が有効期限です。

 

つまり1年に1回楽天で買い物(もしくは通常ポイントを何らかの方法で獲得)すれば、半永久的に失効しないポイントとなります。

 

ただし、期間限定ポイントを獲得しても有効期限は延長されないので要注意。

おかん
我家は楽天で生活用品買うから一生失効せーへんわ。

節約仙人

1年に1回以上楽天を利用する人なら通常ポイントは絶対失効せんのー。

 

ただ期間限定ポイントの有効期限は恐ろしく短いから早めに使わんといかんぞ。

最大5,000ポイントプレゼント/

オリコカード・ザ・ポイントの還元率

オリコカード・ザ・ポイント
オリコカード・ザ・ポイント
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短8営業日
ETC
無料
ギフトボックス

最大8000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
還元率 ポイント付与率 1ポイントの価値
1.0% 100円で1P 1円

 

このカードの還元率がアップする特典
  • 入会して6カ月間は還元率アップ
  • オリコモールを経由で還元率アップ
  • au WALLETチャージ&利用で還元率アップ

おかん
入会して6カ月間は、いつか終わってまうからなー。ここでおすすめなんはオリコモール経由で還元率アップや。

入会して6カ月間は還元率アップ

オリコカードの入会特典は「入会後6カ月間は還元率2.0%」になること。

 

この期間中は無条件で還元率2.0%の特典を受けることができます。

おかん
引っ越しで家具揃えたり、まとめ買いするならこの6カ月間がお得ってことやな。

節約仙人
そうじゃ。ただし上限は5000ポイントじゃから「25万円分までの買い物」なら還元率2.0%でお得になるぞ。

オリコモールを経由で還元率アップ

詳細オリコモール

 

オリコモールとはオリコカードが運営するネットショッピングサイトで、このオリコモールを経由することで還元率がアップします。

 

加算されるのは「ショップポイント」と「オリコモール特別加算」の二つ。

 

オリコモール特別加算は還元率0.5%で固定ですが、ショップポイントは最大15%までアップします(ショップによる)

 

通常還元率 +1.0%
ショップポイント +0.5%(ショップによって最大15%)
オリコモール特別加算 +0.5%(一部のショップは除外)
合計還元率 2.0%(一部のショップは1.5%)

 

オリコモールには「Amazon/楽天/Yahoo!ショッピング」など、様々なショップが参加しています。

 

またオリコモールを利用するには「オリコポイントゲートウェイ」の登録が必須。

 

※オリコポイントゲートウェイは「残高/有効期限/獲得履歴」などが確認できます。

おかん
オリコモール経由と入会後6カ月間の還元率2.0%も併用できるん?

節約仙人
併用できる。例えばAmazonならオリコモール経由と入会後6カ月の特典で最終還元率3.0%じゃ。Amazonユーザーにとってはおすすめじゃのー。

au WALLETチャージ&利用で還元率アップ

au提携のプリペイドカード

au WALLETとはauが提携するプリペイドカードで、事前チャージしておけばクレジットカードのように使えるカードです。

 

オリコカードで「Mastercardを選択した場合のみ」au WALLETにチャージで「還元率1.0%(100円で1ポイント)」、さらに、利用することで「au WALLETポイント還元率0.5%」も獲得できます。

 

合計で「還元率1.5%」の2重取りができます。

 

詳細au WALLETチャージ方法

貯まったポイントの有効期限

オリコカードの有効期限は「獲得月を含めた1年間」と他のカードと比べ短めです。

 

またキャンペーン(6カ月間還元率2.0%)などの特典で獲得するポイントは有効期限6カ月となります。

 

どちらも短い有効期限ですからポイントを獲得したら早めに使うようにしましょう。

 

「有効期限はいつまでか?」を確認する場合はオリコポイントゲートウェイの「オリコポイント照会」から確認してください。

最大8000ポイントプレゼント/

リクルートカードの還元率

リクルートカード
リクルートカード
年会費
永年無料
還元率
1.2%
発行
1~2週間
ETC
無料
ギフトボックス

最大6,000円分ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
還元率 ポイント付与率 1ポイントの価値
1.2% 100円で1.2P
※月間利用金額合計の1.2%分のポイントが付与
1円

 

このカードの還元率がアップする特典
  • リクルートサービス利用で還元率アップ

リクルートサービスとはリクルート社が展開するサービスで「ポンパレモール、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー、じゃらんなど」があります。

 

しかし、上記サービスはリクルートカード限定の還元率アップではなくリクルートカードでなくてもポイント還元されます。

 

リクルートサービスで貯まるポイントは「Pontaポイント」で、リクルートカードで貯まるポイントは「リクルートポイント」になるので以下のような合算になります。

 

「リクルートサービスで貯まるPontaポイント+リクルートカード利用で貯まるリクルートポイント」で合算した還元率となります。

 

少しややこしいのでまとめておきます。

リクルートポイントとは?
  • リクルートカードで貯めたポイントは「リクルートポイント」
  • リクルートポイントは「リクルートサービスのみ使える」
  • リクルートポイントは「Pontaポイントに等価交換できる」

※リクルートサービスとは「じゃらん、ポンパレモール、ホットペッパー」など。

Pontaポイントとは?
  • リクルートサービスで貯めたポイントは「Pontaポイント」
  • Pontaポイントは「リクルートサービス」と「Ponta」加盟店どちらも使える

 

仮に「ポンパレモールを利用した場合」ポンパレモールの商品が3%還元だったとしましょう。すると貯まるポイントの種類と、合計還元率は以下のようになります。

 

貯まるポイントの種類 還元率 合計還元率
ポンパレモール利用
リクルートカード利用
Pontaポイント +3.0% 4.2%
リクルートポイント +1.2%

 

このように合算還元率は4.2%ですが「貯まるポイントの種類」はわけられます。これは他のリクルートサービスでも同じです。(ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー、じゃらんなど)

 

例えばポンパレモールで楽天カードを利用した場合は以下のようになります。

 

貯まるポイントの種類 還元率 合計還元率
ポンパレモール利用
楽天カード利用
Pontaポイント +3.0% 4.0%
楽天ポイント +1.0%

 

差はわずか0.2%です。

 

また、リクルートカードを利用しての特別な還元率アップはありません。

おかん
リクルートカードは、シンプルに基本還元率が高いカードってことや。

貯まったポイントの有効期限

「リクルートポイント」「Pontaポイント」の有効期限を見ておきましょう。といってもほぼ同じです。

 

ポイントの種類 有効期限
リクルートポイント 最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで
Pontaポイント 最終ご利用日(最終のポイント加算日または、ポイント利用日)から1年間

※Ponta会員IDが未登録の場合はリクルートポイントと同じ最終のポイント加算日から12か月後の月末まで。

 

1年間で1回でもカード利用すれば有効期限は「半永久的」に延び続けるので、どちらもほぼ失効しません。

最大6,000円分ポイントプレゼント/

dカードの還元率

dカード
dカード
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短5営業日
ETC
初年度無料
2年目以降条件付き無料
ギフトボックス

最大8000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
還元率 ポイント付与率 1ポイントの価値
1.0% 100円で1P 1円
このカードの還元率がアップする特典
  • ポイントUPモールを経由するとポイント最大10.5倍
  • 特定の店舗で還元率がアップする(マクドナルドやマツモトキヨシなど)
  • d払い+dカードで「実店舗1.5%」「ネットショップ2.0%」還元
  • dポイントスーパー還元プログラムで最大7%還元

おかん
中でも生活に役立つローソンでお得になるのは、dカードを持つ特権や。

ポイントUPモールを経由するとポイント最大10.5倍

ネットショップを利用する方なら「dカードポイントUPモール」を経由することで還元率を上げることができます。

 

具体的に経由というのは、以下の手順でOKです。

 

  1. dカードポイントUPモール」から好きなショップにアクセス
  2. dカードで購入する

dカードポイントUPモールには「amazon・楽天」もあり、還元率は1.5%になります。

節約仙人
経由して購入した方が確実にお得になるぞ。

また、amazonや楽天以外にも、様々なジャンルのショップが揃っており「1.5%~最大10.5%」ものポイントを獲得することができます。

 

目的のショップがあれば、経由した方がお得ですよ♪

特定の店舗で還元率がアップする(マクドナルドやマツモトキヨシなど)

dカードでは、マクドナルド、高島屋、マツモトキヨシなどでお得になります。

マクドナルドでdカードを利用すると2.0%還元
dカード提示 +1.0%
dカード決済 +1.0%
合計 2.0%

 

他にも、dカード決済すると、通常ポイント(100円=1ポイント)とは別に、さらに1%以上の特約店ポイントが加算される特約店もあります。

 

主な特約店の一部をまとめておきます。

「高島屋」でdカードを利用すると3.0%還元
dカード提示 +1.0%
dカード決済 +1.0%
特約店ポイント +1.0%
合計 3.0%
「マツモトキヨシ」でdカードを利用すると最大5.0%還元
dカード提示 +1.0%
dカード決済 +1.0%
特約店ポイント +2.0%
マツキヨポイント +1.0%
合計 5.0%

 

※マツモトキヨシでは、dカードポイントが4.0%に加え、マツキヨポイントも1.0%つくので実質5.0%となります。

d払い+dカードで「実店舗1.5%」「ネットショップ2.0%」還元

d払いはドコモのスマホ決済で、利用すれば「0.5%」のdポイントを貯めることができ、実店舗ではdカードの決済分と合わせて「還元率1.5%」となります。

 

d払いの決済方法
  1. d払いアプリをダウンロード
  2. アプリを起動
  3. レジで「d払いします」と伝える
  4. バーコードを表示させる
  5. 店員さんにコードを読み取ってもらう
  6. スマホ画面に表示される決済画面を確認して終了

また、d払いは実店舗だけでなくネットショップでも利用でき、ネットショップの場合は「還元率2.0%」になるのでさらにお得♪(VISA/MasterCardで支払い可能)

 

実店舗の場合と、ネットショップの場合の還元率内訳をまとめます。

実店舗の場合
d払い利用 +0.5%
dカード利用 +1.0%
合計還元率 1.5%
ネットショップの場合
d払い利用 +1.0%
dカード利用 +1.0%
合計還元率 2.0%

 

※dカードGOLDも同様の還元率になります。

 

d払いが使える店舗は「街のお店から探す」で確認できます。

dポイントスーパー還元プログラムで最大7%還元

「d払い」もしくは「iD(dカード」でお買い物をすれば通常ポイントとは別に「最大7.0%のdポイント(期間・用途限定)」を還元するプログラムです。

 

※d払いの場合「dカード以外のクレジットカード」だと対象外になります。

 

プログラムに参加するには「dポイントスーパー還元プログラム」より事前エントリーする必要があるので忘れずエントリーしておきましょう。

 

※dポイントスーパー還元プログラムは2020年5月10日より下記の内容に変更となります。

 

条件 還元率
dポイントクラブステージ プラチナステージで+1.0%
dポイントをためた回数 ・50~99回/月で+0.5%
・100回以上/月で+1.0%
dカードでのドコモ利用料金の支払い
(GOLD会員限定)
dカード GOLD契約者がドコモの利用料金の支払いにdカードを設定で+1.0%
ネットのお店のお買い物 利用金額が
・20,000~49,999円/月で+1.0%
・50,000円以上/月で+2.0%
dカード請求額 ・100,000~199,999円/月で+1.0%
・200,000以上/月で+2.0%
合計 最大7.0%
※100円(税込)につき最大7ポイント還元

おかん
「dカードでのドコモ利用料金の支払い」があるからdカードの最大還元率は6%ってこと?

節約仙人

うむ。「dカードなら最大6%」「dカード GOLDなら最大7%」じゃな。

 

ドコモユーザー以外ならdカード、ドコモユーザーならdカード GOLDがおすすめじゃよ。

最大8,000ポイントプレゼント/

まとめ

年会費無料クレジットカードの基本還元率は「0.5%~1.2%」となっています。

 

しかし、基本還元率はあくまで目安ですから、特典内容が自分に合わない還元率1.2%のカードを選ぶより、自分に合う還元率0.5%のカードを選んだ方がお得になることもあります。

 

例えば、還元率1.2%のリクルートカードと、還元率0.5%のイオンカードを比べると、リクルートカードは「基本還元率に特化したカード」で、イオンカードは「豊富な特典で還元率が上がるカード」になります。

 

イオングループを利用しない人はリクルートカードの方がお得ですし、イオングループを利用する人なら還元率0.5%であってもイオンカードの方がお得になるでしょう。

 

そのことを踏まえて、それぞれのライフスタイルに合ったカードを探してみてください♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう