WAONポイント

おかん
WAONポイントはどこで貯めて、どこで使えるん?

節約仙人

イオンの電子マネーWAONを使って買い物をした金額に対してポイントが貯まるんじゃ。

 

貯めたポイントはWAONに再び交換でき、WAONはイオン対象店舗はもちろんミニストップやファミマ、スーパーでも使えるぞ。

「WAONポイントが貯まる・交換できるカード」一覧

WAONが貯まる・交換できる主な年会費無料クレジットカードは以下の4枚。

 

  • イオンカードセレクト(WAONポイントに等価交換可能)
  • オリコカード・ザ・ポイント(WAONポイントに等価交換可能)
  • JCB CARD W(WAONポイントに交換可能)
  • 三井住友カード(WAONポイントに交換可能)

イオンカードセレクト(WAONポイントに等価交換可能)

イオンカードセレクト
イオンカード
年会費
永年無料
還元率
0.5%~1.0%
発行
1~2週間
ETC
無料
ギフトボックス

最大10,000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

主婦層から絶大な人気を誇るイオンカードは「クレジットカード」「キャッシュカード」「電子マネー(WAON)」の3つの機能が一体化したカードで、年会費永年無料です。

 

還元率は0.5%であるもののイオングループ対象店舗なら「ポイントいつでも2倍」や毎月20日、30日のお客さま感謝デーでは「買い物代金が5%OFF」になります。

 

毎月イベントが開催されているのでイオングループ利用者にとってはおすすめのカードでしょう。

イオンカードセレクトで貯まる「ときめきポイント」の還元率詳細
ポイント付与 1Pの価値 還元率
200円=1P 1P=1円の価値 0.5%
「ときめきポイント→WAONポイント」の交換レート
ときめきポイント(交換前) WAONポイント(交換後)
1P
(1円の価値)
1P
(1円の価値)

おかん
交換しても、ときめきポイント1Pの価値は「1円→1円」のままや。

オリコカード・ザ・ポイント(WAONポイントに等価交換可能)

オリコカード・ザ・ポイント
オリコカード・ザ・ポイント
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短8営業日
ETC
無料
ギフトボックス

最大8000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

シンプルにポイントが貯めやすい「還元率1.0%」の高還元率カードで、年会費永年無料です。

 

さらに、入会後6カ月間は還元率2.0%と、他の主婦向けクレジットカードに比べ群を抜いてトップとなります。

 

また、電子マネーは「iD」「クイックペイ」両方が使える珍しいタイプです。

オリコカード・ザ・ポイントで貯まる「オリコポイント」の還元率詳細
ポイント付与 1Pの価値 還元率
100円=1P 1P=1円の価値 1.0%
「オリコポイント→WAONポイント」の交換レート
オリコポイント(交換前) WAONポイント(交換後)
1P
(1円の価値)
1P
(1円の価値)

おかん
交換してもオリコポイント1Pの価値は「1円→1円」で等価交換や。

JCB CARD W(WAONポイントに交換可能)

JCB CARD W
JCB CARD W
年会費
永年無料
還元率
1.0%
発行
最短3営業日
ETC
無料
ギフトボックス

最大14,500円分プレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

年会費永年無料で、18歳~39歳以下の方が申し込めるカードです。

 

「いつでも還元率1.0%」の高還元率カードで、JCBオリジナルシリーズ専用サイトを経由すればAmazonやセブンイレブンで還元率2.0%になります。

 

また、海外旅行でも安心の海外旅行保険が利用付帯しています。

JCB CARD Wで貯まる「OkiDokiポイント」の還元率詳細
ポイント付与 1Pの価値 還元率
1,000円=2P 1P=5円の価値 1.0%
「OkiDokiポイント→WAONポイント」の交換レート
OkiDokiポイント(交換前) WAONポイント(交換後)
1P
(5円の価値)
4P
(4円の価値)

おかん
交換したらOkiDOkiポイント1Pの価値は「5円→4円」になるってことや。

三井住友カード(WAONポイントに交換可能)

三井住友カード
年会費

初年度無料

2年目以降条件付き無料
還元率
0.5%~0.65%
発行
最短3営業日
ETC
500円(税抜)初年度無料
ギフトボックス

利用代金20%(最大8,000円)プレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

オンライン申し込みで初年度年会費無料。2年目以降は1,250円(税抜)かかります。

 

しかし、マイペイすリボ登録して年1回以上のリボ払い手数料を支払うと年会費無料になります。

 

また、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドでポイント5倍も魅力的です。(iDで支払ってもポイント5倍)

三井住友カードで貯まる「Vポイント」の還元率詳細
ポイント付与 1Pの価値 還元率
200円=1P 1P=1円の価値 0.5%
「Vポイント→WAONポイント」の交換レート
Vポイント(交換前) WAONポイント(交換後)
1P
(1円の価値)
0.8P
(0.8円の価値)

おかん
交換したらVポイント1Pの価値は「1円→0.8円」になるってことや。

WAONポイントの特徴

WAONポイント

主に電子マネーWAONの支払いでWAONポイントが貯まります。

 

っでまたWAONポイントは電子マネーWAONに交換して利用することができるポイントです。

 

電子マネーWAONが使用できる場所はイオングループの商業施設や、ミニストップ、ファミマ、ローソンなどの大手コンビニでも利用できます。

 

ここではWAONポイントの基本的な「貯め方」と「使い方」を見ていきます。

WAONポイントの貯め方

電子マネーWAONの還元率
ポイント付与 1Pの価値 還元率
200円=1P 1P=1円 0.5%

 

WAONポイントの基本的な貯め方は「電子マネーWAONで普通の買い物をして貯める」です。

 

他にもいくつかWAONポイントを貯める方法はありますが、ここでは「おすすめの貯め方」をまとめておきます。

 

「WAONポイント」の貯め方
  • 電子マネーWAONで普通の買い物をして貯める
  • イオンカードセレクトのオートチャージで貯める
  • 毎月10日にポイント5倍で貯める
  • 毎月5の付く日にポイント2倍で倍貯める
  • 火曜市WAONトクトクポイントプレゼントで貯める

電子マネーWAONで普通の買い物をして貯める

WAONカード

電子マネーWAONが使えるお店はイオングループ(イオン、ダイエー、マックスバリュなど)や、コンビニならミニストップ、ファミマ、ローソンでも利用することができます。

 

また、電子マネーWAONで支払えばお会計時もスムーズですし、WAONポイントも貯まるので2重でお得です。っでまた、貯まったポイントを電子マネーにチャージして利用できます。

 

詳細使えるお店を探す

 

※電子マネーWAONの発行方法は後ほど解説します。

おかん
イオンでよく買い物するなら便利な電子マネーや。スンスンスーンって会計できてWAONポイントも貯まるしな。

節約仙人
他に利用できそうな店舗といえばコンビニじゃな。ちょっとした買い物でもWAONポイントが貯められるぞ。

イオンカードセレクトのオートチャージで貯める

イオンカードセレクト

電子マネーWAONへのチャージでおすすめなのが「イオンカードセレクト」のオートチャージ。

 

イオンカードセレクトは年会費無料クレジットカードの1枚で、イオングループを利用する人にお得なクレジットカードです。このカードはクレジット機能の他に「電子マネーWAONが一体型」となっているためWAONの残高が少なくなると自動でチャージしてくれます。

 

チャージ200円=1ときめきポイント(還元率0.5%)が付与され、さらにWAON利用で200円=1WAONポイントが貯まるため「合計還元率1.0%」となります。つまりポイント2重取りができるということ。

 

チャージ 200円=1ときめきポイント
WAON利用 200円=1WAONポイント
合計還元率 200円=2P獲得=還元率1.0%

 

またチャージ代は毎月のカード支払いと一緒に支払う仕組みです。

おかん
電子マネーWAONとイオンカードセレクトのコンボは相性ええで。

節約仙人
オートチャージじゃから残高を気にする必要もないしのー。イオンカードで貯まるポイントとWAONで貯まるポイントが2重取りできるのも相当なメリットじゃ。

毎月10日にポイント5倍で貯める

毎月10日は「ありが10デー」でイオンの対象店のみ電子マネーWAON支払いすると「WAONポイント5倍」でお得に貯めることができます。(先ほど紹介した「イオンカード」なら、ときめきポイント5倍貯まります)

 

例えば1万円の買い物でWAON支払いした場合通常なら還元率0.5%で「50ポイント付与」ですが、毎月10日は、還元率2.5%で「250ポイント付与」されます。

 

毎月10日は「まとめ買いする日」と決めておけば効率よくWAONポイントを貯めていけるでしょう。

毎月5の付く日にポイント2倍で倍貯める

毎月5の付く日「5日、15日、25日」の3日は「お客さまわくわくデー」でイオンの対象店舗のみ電子マネーWAON支払いすると「WAONポイント2倍」になります。

 

200円で2ポイントになりますから還元率は1.0%となり通常の日よりお得です。

 

毎月10日のポイント5倍を含めて表にします。

 

開催日 倍率 還元率
5日 2倍 1.0%
10日 5倍 2.5%
15日 2倍 1.0%
25日 2倍 1.0%

火曜市のWAONトクトクポイントプレゼントで貯める

毎週火曜日はWAONで3000円(税込)以上お買い物をすれば「100WAONポイントプレゼント」されるキャンペーンです。

 

プレゼントの条件は金額に関わらず上限は100WAONポイントまで。また一部実施していない店舗もあるので店頭で確認が必要です。

 

ポイントの受け取りは以下の場所で受け取れます。

 

  • WAON加盟店にある「WAONステーション」
  • ファミマの「ファミポート」
  • 「WAONネットステーション(ICカードリーダライタが必要)」

モバイルWAON・モバイルJMB WAONの場合は、アプリからもダウンロードできます。

 

※受け取りは翌週の火曜日以降から。

WAONポイントの使い方

WAONポイント→電子マネーWAON

貯めたWAONポイントは「1P=1円」として電子マネーWAONに交換できます。

 

例えば、WAONポイントが1000ポイント貯まれば「1000円分」として使えます。また、交換は1WAONポイントから電子マネーWAONに1円分チャージができます。

 

では、どのようにWAONポイントを「電子マネーWAONに交換」するのか?というと、簡単な方法は「WAONネットステーション」にログインして交換する方法と「ポイントチャージできるWAON端末」でも交換できます。

 

端末名 設置場所
WAONステーション WAONステーション
イオンのお店に設置
WAONチャージャーmini WAONチャージャーmini
すべてのポイントをまとめてチャージ可能
イオン銀行ATM イオン銀行ATM
イオン銀行設置のATM
Famiポート Famiポート
全国のファミリーマートに設置

 

詳細ポイントからチャージする

WAONポイントは電子マネーWAON交換一択でいい

WAON以外への交換先に「SUICAポイント」があります。

 

交換レートは「100WAONポイント→90SUICA」でレートが下がってしまうので、WAONポイントを交換するなら電子マネーWAON交換一択がおすすめ。

おかん
わざわざレート下げてまで交換してもなー、もったいないわな。

節約仙人
貯めたWAONポイントは電子マネーWAONへ交換するのがおすすめじゃ。

WAONポイントの有効期限

1年間のポイント加算期間を含む最大2年間が有効期限です。

 

例えば、2019年10月に初回チャージをした場合、1年後の2020年10月末日までがポイント加算期間で、2021年10月末日までが、加算期間中に貯めたポイントの有効期限となります。この場合の有効期限は「約2年間」ですが、獲得する時期によって約1年間となる場合もあります。

 

上記の例でいくと有効期限が約1年間となるのは、2020年10月に獲得したポイント。

 

2020年10月は「初回チャージからの加算期間内」ですから2021年10月末日までが有効期限になります。つまり「約1年で失効」されてしまいます。

おかん
例えば2020年10月に衝動買いでポイント貯める予定あるなら11月にまわした方が有効期限伸びるってことやな。

節約仙人

そういうことじゃ。じゃが、WAONポイントの有効期限はそれほど気にすることはない。

 

貯めたポイントは電子マネーに交換一択じゃから貯まったらすぐ交換してしまえばええんじゃ。電子マネーに交換したら有効期限はないからのー。

WAONポイント(電子マネーWAON)のメリット

※既に「貯め方」「使い方」にメリットはありますが、ここではさらに掘り下げて見ていきます。
4つのメリット
  • イオン対象店舗ではポイント2倍で貯めやすい
  • 支払いがスムーズになる
  • 電子マネーWAONは利用できる店舗が多い
  • イオンカードからのチャージでポイント2重取りできる

イオン対象店舗ではポイント2倍で貯めやすい

イオン対象店舗では電子マネーWAON支払いすると200円で2ポイント付与されるので「いつでも2倍」でお得です。条件は会員登録が完了したWAONで支払いするだけですし簡単です。

 

詳細現在の対象店舗

 

会員登録することで得られる特典がこちら

 

  • イオン対象店舗で「いつでもポイント2倍」
  • WAONカードの紛失・盗難時に残高移行ができる
  • 電子マネーWAONポイントの合算ができる
  • WAONネットステーションの全機能が利用できる

会員登録していない場合は200円で1ポイントになるのでカードを入手したらまず会員登録をおすすめします。

 

詳細電子マネーWAON会員(所有者情報登録)

 

また、イオン対象店舗(ショッピングセンターやマックスバリュなど)では毎月5の付く日や、10日にポイントが倍付するキャンペーンを開催しています。

 

不定期なキャンペーンではなく、毎月開催されているので覚えやすいですし、その日を狙ってWAON支払いすればお得にポイントが貯まります。

 

ですからイオン対象店舗をよく利用する方ならかなりのメリットになるでしょう。

支払いがスムーズになる

電子マネーは買い物会計時の面倒な「小銭を数える」「お釣りをもらう」という手間が省けます。

 

電子マネーを使ってみるとわかりますが本当に「えっ?もう終わり?」と思うぐらい、いつもの会計が恐ろしいほど早く感じます。早過ぎて「商品持って出ていいの?万引きにならない?」と思うくらい。

 

電子マネーWAONの決済方法は以下のとおり

 

  1. レジで「WAONで払います」と伝える
  2. レジに設置された読み取り機にWAONカードをタッチする
  3. 「ワオン!」と鳴れば支払い終了

犬が鳴いて終了なので簡単です。

 

もしネットショッピングでもWAON決済したい場合は以下のとおり

 

  1. ネット決済まで進む
  2. ICカードリーダライターを接続してWAONでの決済を行う

※ネットショッピングではICカードリーダライターが必要ですが、楽天で3000円前後ぐらいで入手できます。

 

詳細waonリーダライターを見る

電子マネーWAONは利用できる店舗が多い

スーパー(特にイオン系列)から、ちょっとした買い物ができるコンビニなど「全国49万5千カ所」でWAONを使うことができます。※2019年7月現在の使えるカ所数

 

電子マネーは便利ですが、使える場所がなければ意味ないですからね。その点は安心できます。

 

詳細地図から探す

イオンカードからのチャージでポイント2重取りできる

前述しましたが、イオンカードからのチャージとWAONの支払いでポイント2重取りもメリットの1つ。

 

イオンカードセレクトなら「WAON一体型」となっているので嵩張るカードを一つにまとめられますし、WAONの残高が少なくなれば自動的でチャージしてくれる「オートチャージ」にも対応しているので便利です。

 

電子マネーの欠点は「チャージする面倒くささ」ですが、その点は一体型イオンカードセレクトで解消できるでしょう。

 

WAONポイント(電子マネーWAON)のデメリット

3つのデメリット
  • 還元率は0.5%と高くない
  • WAONカードの発行手数料に300円かかる
  • 電子マネーWAONはチャージが面倒

おかん
目立ったデメリットは、やっぱり還元率か。イオン対象店舗やったら1.0%やけど、それ以外で利用するとデメリットになるってことやな。

節約仙人
一番お金を使う場所がイオン対象店舗であればええんじゃがのー。あとは発行手数料と、チャージが面倒という点じゃが、これは一応対策はできるぞ。

還元率は0.5%と高くない

電子マネーWAONはお買い物時の利用金額200円につき1WAONポイント還元される仕組みです。還元率にすると0.5%と高くはありません。

 

ただイオン対象店舗を利用する場合は「いつでも2倍」や、毎月開催されるキャンペーンでポイント倍付があるのでイオン対象店舗利用者にとっては、それほどのデメリットにはならないでしょう。

 

反対にイオン対象店舗を利用しない方だと電子マネーWAONの還元率は寂しいものがあります。

WAONカードの発行手数料に300円かかる

電子マネーWAONは「カード発行時にお金がかかる」デメリットがあります。

 

発行手数料は300円ほどですが、この300円が地味な壁となることもあるでしょう。

 

ちなみに300円をペイするのにかかるお金は「通常還元率なら6万円分のお買い物」、イオン対象店舗なら還元率1.0%ですから「3万円分のお買い物」です。

 

ずっと電子マネーWAONを使い続けるならいつかはペイできますが、途中で利用しなくなると損してしまうので本当に使うかどうか、よく考えてから作りましょう。

 

電子マネーWAONの作り方は以下のとおり

 

  1. 電子マネーWAONの取扱店舗(イオンやマックスバリュなど)へ行く
  2. レジ、もしくはサービスカウンター付近に陳列されたWAONカードを選ぶ
  3. 発行手数料300円を払う
  4. WAONを取り出し、レジやチャージ機で入金する

もしカード発行に1円もかけたくないのであれば「モバイルWAON」がおすすめ。スマホアプリなのでダウンロードして会員登録すれば利用することができます。

 

支払い時はアプリを起動しなくてもレジにかざすだけですし、いつでもどこでもチャージできます。また、スマホから残高・ポイント数も確認できるので便利ですよ。

 

詳細モバイルWAONダウンロード

おかん
300円か・・・悩むな。

節約仙人

どうしてもお金をかけたくないなら電子マネーWAON一体型の「イオンカードセレクト」がおすすめじゃ。年会費無料で、WAONも無料でついてくるぞ。

 

クレジットカードはいらない・・・というなら「モバイルWAON」がおすすめじゃのー。

電子マネーWAONはチャージが面倒

電子マネーWAONはプリペイド型の前払いタイプですから残高が無くなると支払いできなくなります。

 

その場で現金チャージ(1,000円以上)するか、不足分を現金払いするしかありません。

 

一度のチャージ金額が少なければ何度もチャージすることになり「これが地味に面倒」だったりします。

 

イオンカードセレクトのようにWAONが一体型になっていればオートチャージできるので残高不足になる心配も面倒なチャージも不要ですが、WAONカード単体ではチャージが面倒というデメリットは避けられません。

 

またイオンなどの店頭にある専用端末機でチャージするにも誰かが使っていたら待たないといけないので時間がかかります。

 

対策としては、一度のチャージである程度の金額をチャージしておくか、イオンカードセレクトのWAON一体型を1枚もっておくかのどちらかになります。

 

WAONポイント(電子マネーWAON)のQ&A

おかん
WAONポイント(電子マネーWAON)の主な「よくある質問」をまとめとくわ。
WAONポイントはお買い物に使える?

おかん

WAONポイントのままやったら使われへんで。WAONポイントを「電子マネーWAON」に交換せんと利用できへんねん。

 

ちなみに電子マネーWAONに交換することをポイントチャージって言うんや。覚えときや。


WAONポイントを確認したい時はどうしたらいい?

おかん

方法はいっぱいあるで。「レシート」「WAONホームページ」「モバイルWAON」「WAONステーション」「WAONチャージャー」で確認できるわ。

 

WAONポイント残高・有効期限を確認する」見たら詳しく解説されてるから参考にしたらええ。


プレゼントされたポイントを受け取る方法は?

おかん

プレゼントされたWAONポイントはセンターにあるから店頭にあるWAON端末で「ポイントダウンロード」したら受け取れるで。

 

ポイントダウンロード(受取り)」で詳しく解説されてるから参考にしたらええ。

WAONポイントが貯まる・交換できる年会費無料カードまとめ

おかん
WAONポイントを直接貯めたり交換できる「年会費無料のカード」をまとめるで。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitter
最新キャンペーン情報などを発信しています。