11月1日以降「Vポイント交換レート改悪」dポイント、Ponta、楽天ポイントが一律500p→400pに!

三井住友カードで貯まるVポイントから、他社ポイントへの交換レートが11月1日以降より改悪になります。

 

レート変更されるのは以下の3種類。

 

  • dポイント、Pontaへの交換は改悪
  • 楽天ポイントへの交換は改善

Vポイントの使い方について今一度考えなおす必要があります。

 

本記事では、現在と11月1日以降のレート比較と、今後Vポイントをどう使えば損しないのか?という部分も解説したいと思います。

 

公式の詳細「auポイントプログラム移行」「dポイント移行」「楽天ポイント移行」の移行レート変更のお知らせ|クレジットカードの三井住友VISAカード

dポイント、Ponta、楽天ポイントが一律500p→400pに!

今回変更されるポイントは3種類。

 

現在のレートと11月1日以降のレートを比較してみます。

 

現在(Vポイント→他社ポイント) 11月1日以降のレート
dポイント 500p→500p 500p→400p
Ponta 500p→500p 500p→400p
楽天ポイント 500p→350p 500p→400p

 

dポイント、Pontaへの交換は「改悪」、楽天ポイントへの交換は「改善」されます。

 

そのため、共通ポイント(Tポイント含む)への交換は4種類とも「1:0.8」になります。

 

この結果から、Vポイントから汎用性の高い共通ポイントへの交換は損するので他の使い道を考えるしかありません。

2021年11月1日以降のVポイントはどう使う?

今後、共通ポイントへの交換の道はたたれますが、まだまだ損しない使い道はたくさんあります。

 

まず考えるのが「1:1」の等価レート。それが以下のとおり。

 

  • Vポイントアプリへチャージ
  • キャッシュバック
  • Visaプリペイド、かぞくのおさいふへチャージ
  • 三井住友銀行の振込手数料に充当させる

また、目的は限られますが以下も等価レートです。

 

  • Trip.com割引コード(ホテル、航空券)
  • Ozポイント
  • 夢なびポイント
  • JAF継続年会費
  • ソニーポイント

Vポイントを直接使ってしまえばOK!

Vポイントアプリ

交換することばかり考えがちですが、VポイントはVポイントアプリへチャージして1ポイント1円分として直接使うことができます!

おかん
Vポイントアプリは、スマホで支払いできるプリペイドカードや。

使い方は簡単です。

 

  1. アプリをインストール
  2. Apple Payまたは、Google Payに設定
  3. Vポイントをチャージする
  4. Visaのタッチ決済加盟店、iD加盟店で使える
    (Visa加盟店のネットショップでも決済可能)

また、Vポイントアプリへのチャージは、Vポイントだけでなく、三井住友カードからも直接チャージできますが、還元率は0.25%になります。

Vポイントを使わないならキャッシュバックもおすすめ!

Vポイントキャッシュバック

交換先もない、Vポイントアプリで使うこともない、という人は三井住友カードの毎月の利用代金にポイント充当できます。

 

こちらも等価交換で1ポイント=1円分として交換できます。

 

2021年3月1日からVポイント交換景品の「iDバリュー」と「キャッシュバック」が統合して、新たに「<新>キャッシュバックサービス」が誕生しました。
詳細Vポイント交換「iDバリューに充当」および「キャッシュバック」サービスリニューアルのお知らせ

▼クレカ発行するならポイントサイト経由がお得!▼

カード特典+ポイントサイト特典で2重取り!/

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitter
最新キャンペーン情報などを発信しています。

おすすめ記事