リクルートカードのメリット・デメリットを解説
リクルートカードが向いている人
  • トップクラスの高還元率カードを使いたい人
  • リクルートサービスをよく利用する人(じゃらん・ホットペッパーなど)
  • 国内・海外旅行保険付帯のカードが欲しい人
リクルートカードが向いていない人
  • ポイントの使い道が豊富なカードを探している人
  • ETCカードを無料で発行したい人(JCBブランド選択時は除く)
リクルートカード
リクルートカード
年会費
永年無料
還元率
1.2%
発行
1~2週間
ETC
無料
ギフトボックス最大6,000円分ポイントプレゼント
高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
主な特徴
還元率1.2%の高還元率カード
電子マネーチャージでもポイントが貯まる
国内・海外旅行保険が付帯

リクルートカードの基本情報

リクルートカードの券面

項目 内容
年会費 永年無料
家族カード
ETCカード 【新規発行手数料】
・VISA(1,000円税抜)
・Mastercard(1,000円税抜)
・JCB(無料)
【年会費】
・全国際ブランド無料
申し込み条件 ・18歳以上(高校生を除く)で本人または配偶者に安定継続収入のある方
国際ブランド ・VISA
・MasterCard
・JCB
基本還元率 1.2%
(100円につき1.2ポイント 1ポイント=1円相当)
主な還元率アップ特典 ・じゃらん利用で3.2%
・ポンパレモール利用で4.2%
・ホットペッパービューティー利用で3.2%
※リクルートサービスの利用ポイント+リクルートカードの還元率1.2となるので、リクルートカード限定の特典ではありません(どのカード支払いでもリクルートサービスの利用ポイントはもらえる)
貯まるポイント リクルートポイント
ポイント有効期限 最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで
マイル -
付帯保険 ・ショッピング保険
電子マネー ・楽天Edy
・モバイルSuica
・SMART ICOCA

 

リクルートカード最大魅力は年会費無料でありながら還元率1.2%という驚異的な還元率であること。他の無料クレジットカードの中では間違いなくトップクラスでしょう。

 

国際ブランドはVISA・JCB・Mastercardの3種類。

 

ETCカードはJCBを選択すると無料になりますが、VISAとMastercardは、新規発行手数料1,000円(税抜)がかかります。

 

また、リクルートカードで旅行代金を支払えば国内・海外の旅行保険が利用付帯します。旅行好きな方にもおすすめですね♪

最大6,000円分ポイントプレゼント/

リクルートカードのメリット

リクルートカードのメリットは、以下の5つ。

 

  • 本カード・家族カード・ETCカードが年会費無料
  • 還元率1.2%の高還元率カード
  • 電子マネーチャージでもポイントが貯まる
  • ポイント有効期限が実質無期限
  • 国内・海外旅行保険が利用付帯

各メリットを具体的に解説していきます。

最大6,000円分ポイントプレゼント/

本カード・家族カード・ETCカードが年会費無料

リクルートカードの、本カード・家族カード・ETCカードは年会費無料で使えます。

 

ただし、ETCカードは、JCBブランド以外発行手数料がかかるので注意。

 

もし国際ブランドにこだわりがなければ、JCBブランドを選択しておけばすべて無料で使えますよ♪

還元率1.2%の高還元率カード

リクルートカード最大のメリットは、基本還元率が1.2%(100円につき1.2ポイント付与)であること。年会費無料カードの還元率において、1.2%は超高還元率カードと言ってもいいでしょう。

 

還元率 レベル
0.5% 普通
1.0% 高還元率
1.2% 超高還元率

 

また、リクルートカードで付与されるポイントは毎月のカード利用合計額に対して計算されるため、99円で切り捨てられるという心配もありません。

節約仙人
他社カードではカード1回の支払いごとにポイント計算されるものもあるが、リクルートカードは、合計額じゃから取りこぼしを最小限に抑えてくれるぞ。

電子マネーチャージでもポイントが貯まる

リクルートカードは、電子マネーへチャージしても1.2%分のポイントが貯まります。

 

チャージしてポイントが貯まる対象の電子マネーは以下のとおり(国際ブランドによって対象の電子マネーが異なります)

 

国際ブランド 対象の電子マネー
VISA/MasterCard ・楽天Edy
・モバイルSuica
・SMART ICOCA
JCB ・モバイルSuica

 

他社カードでは、電子マネーチャージはポイント付与対象外であることがあります。しかし、リクルートカードは電子マネーチャージで満額のポイントがもらえるのでメリットと言えるでしょう♪

 

普段から上記対象の電子マネーをよく利用する人は、リクルートカードでチャージすると効率よくポイントを貯めることができます。

ポイント有効期限が実質無期限

リクルートカードで貯まるリクルートポイントの有効期限は1年間です。しかし、ポイントを貯めるごとに1年間延長されるので実質無期限と言っていいでしょう。

 

例えば、毎月かかる固定費(携帯代など)をリクルートカードで支払っていえば一生失効することはありません♪

国内・海外旅行保険が利用付帯

リクルートカードは、年会費無料でありながら、国内・海外旅行保険が付帯しています。

 

他の年会費無料カードでは、海外旅行保険のみ付帯や、そもそも何も付帯しないということも多いので、リクルートカードの特別なメリットと言えます。

 

海外旅行保険 死亡・後遺傷害  最高2,000万円
傷害治療費用 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万/自己負担額3,000円
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 最高1,000万円
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -

 

注意点は、自動付帯ではなく利用付帯な点。利用付帯の条件は以下のようになっています。

 

保険の適用は、旅行代金をリクルートカードでお支払いいただくことが条件となります。

おかん
旅行代金って例えば?

節約仙人
旅行代金とは、自宅から空港へ行くまでの交通費や、海外航空券、海外ツアー代金などじゃ。これらをリクルートカードで支払えば保険が適用されるぞ。
最大6,000円分ポイントプレゼント/

リクルートカードのデメリット

リクルートカードのデメリットは、以下の3つ。

 

  • リクルートポイントの使い道が少ない
  • 「VISA」「MasterCard」はETCカード発行手数料がかかる
  • 還元率がアップする特典がない

各デメリットを具体的に解説していきます。

最大6,000円分ポイントプレゼント/

リクルートポイントの使い道が少ない

リクルートカードで貯まるリクルートポイントは、リクルートサービスでしか使えません。リクルートポイント単体では、かなり使い道が限られるのがデメリットです。

 

ただ、リクルートポイントは、Pontaポイントへ等価交換できます。幅広く使えるPontaポイントに交換してしまえば完全に使い道がなくなるということはないので安心してください♪

「VISA」「MasterCard」はETCカード発行手数料がかかる

VISAとMasterCardのリクルートカードは、ETCカード発行手数料1,000円(税抜)がかかります。

 

国際ブランド 発行手数料
VISA 1,000円(税抜)
MasterCard
JCB 無料

 

ETCカードが必要ない人や、JCBを選択する場合は問題ありませんが、ETCカードが必要な人でVISAやMasterCardを選択したい人にはデメリットになるでしょう。

 

また、年会費については、全国際ブランド無料です。

還元率がアップする特典がない

リクルートカードは、特定の店舗やサービスで還元率がアップするような特典はありません。

 

リクルートが運営するポンパレモールや、じゃらんは他社クレジットカードを使っても2%~3%ポイント還元されるので実はリクルートカードの特別な特典ではありません。

 

例えばリクルートカードでポンパレモールを利用した場合「ポンパレモール利用分3.0%と、リクルートカード利用分1.2%で合計還元率4.2%」となります。

 

もし他社カードの還元率が1.0%だった場合「ポンパレモール利用分3.0%と、他社カード利用分1.0%で合計還元率4.0%」と、0.2%違うだけですからリクルートカードでなくてもいいという結論になります。

 

ただ、基本還元率が1.2%と、かなり優秀なので固定費の支払いなど、どのカードで支払ってもポイント倍付がないような場面では、リクルートカードが最強です。

節約仙人
よく利用する店舗やサービスがない人は、リクルートカードがおすすめじゃ♪
最大6,000円分ポイントプレゼント/

リクルートカードで貯まる「リクルートポイント」の上手な使い方

ポイント

リクルートカードで貯まるリクルートポイントの上手な使い方は以下の2つ。

 

  • リクルートポイントを直接使う
  • Pontaポイントに交換

具体的に解説していきます。

最大6,000円分ポイントプレゼント/

リクルートポイントを直接使う

リクルートポイントは、じゃらん・ホットペッパーなど、リクルートサービスで1ポイント1円の価値として直接使うことができます。リクルートサービスをよく利用する人は、直接使うのが一番!

 

リクルートポイントが使える主なサービスは以下のとおり。

 

サービス名 サービス内容
じゃらん 日本最大級の旅行予約サイト
じゃらんゴルフ ゴルフ場の検索・予約サイト
ホットペッパーグルメ 飲食店の検索・予約サイト
ホットペッパービューティー サロン検索・予約サイト
ポンパレ 割引チケット共同購入サービス
ポンパレモール リクルートのオンラインショッピング
ポンパレeブックストア リクルートが運営する電子書籍サービス

節約仙人
リクルートのサービスを利用するなら使い道に困ることはないが、利用しないなら使い道はない。そんな時はPontaポイントへ交換すると使い道が増えるぞ♪

Pontaポイントに交換

リクルートポイントだけでは、使い道が限られているのでPontaポイントへ交換するのもおすすめです♪Pontaポイントに交換すると、使い道がさらに広がりますよ!

 

Pontaポイントが使える主なお店は、コンビニ大手ローソンが有名ですが、他にも様々な使い道があります。例えば以下のような店舗で使えます。

 

 

ジャンル 提携店・サービス
百貨店・コンビニ・スーパー・ドラッグストア ・アルビス
・高島屋
・ライフ
・ローソン
など
レジャー・旅行 ・京阪グループホテル
・セガ
・日本航空(JALマイレージバンク)
・ルートインホテルズ
など
グルメ・飲食 ・ケンタッキーフライドチキン
・すき家
・はま寿司
・ピザハット
など
ファッション・美容 ・AOKI
・ジャンブルストア
・セカンドストリート
・ねいるんるん
など
ネットショッピング・通販・宅配 ・HMV&BOOKS online
・ゲオ宅配レンタル
・サンプル百貨店
・ゼクシィ内祝い
など
レンタカー・ガソリンスタンド・駐車場 ・オリックスレンタカー
・じゃらんレンタカー
・シェル
音楽・映像・ゲーム ・ゲオ
・ゲオ宅配レンタル
・三洋堂書店
・playbit
本・電子書籍・新聞 ・HMV(店舗)
・九善ジャンク堂書店
スポーツ・ゴルフ ・じゃらんゴルフ
・ヒマラヤ
・ヒマラヤ オンライン
電子マネー・クレカ・金融 ・GMOあおぞらネット銀行
・Pontaポイント運用
・リクルートかんたん支払い
生活・暮らし・ペット ・dポイント
・ペッツオーライ
・ペットの専門店コジマ オンライン
引越し・住まい ・日本総合住生活(JS)
家電・コンピューター通信 ・コジマ
医療・保険 ・Dental Ponta
・人間ドックのここカラダ
電気・ガス ・中部電力
・東京電力

節約仙人
リクルートポイントとPontaポイントが統合したことで「リクルートポイント→Pontaポイントへ等価交換」ができるようになったんじゃ。

Pontaポイント提携店・サービスは以下の公式ページで確認できます。

 

詳細提携店・サービス | PontaWeb[Pontaカード/Pontaポイント]

最大6,000円分ポイントプレゼント/

リクルートカードの審査基準

審査書類

リクルートカードの申し込み資格は、以下のようになっています。

 

18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。
未成年の方は親権者の同意が必要です。

資格は「18歳以上であること」「安定した収入があること」の2つです。安定した収入というのは、いくら収入があるかというよりも、毎月決まった額を会社から受け取っているかどうかです。また、学生でも申し込みOKと明記されています。

 

さらに、リクルートカードは「流通系カード」で審査通過する可能性が高い系統でもあります。

 

※審査難易度は独自に調査したものです。
系統 通過率 可能性
銀行系 約48% 低い
交通系 約73% 普通
信販系 約75% 普通
流通系 約80% 高い

※流通系カードの通過率は約80%ですから誰でも審査通過するわけではありません。

 

審査通過する可能性は「約80%」ほど。申込資格である「18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方」に当てはまれば、収入のない専業主婦でも審査通過する可能性は高いでしょう。

おかん
流通系ってどんなカードなん?

節約仙人
流通系は主にスーパーや百貨店が発行しているカードじゃ。例えばイオンカードも流通系になる。発行元に関わる会社や店舗でお得になるカードと覚えたらいいぞ。

おかん
ほな、流通系が審査通過しやすい理由ってなんなん?

節約仙人
流通系カードは顧客獲得を目的に「広く浅く、たくさんの人に利用してもらいたい」という考えが強いカードじゃ。そのため「使ってくれるなら発行しますよー」というのが流通系の特徴なんじゃ。

ここからは、リクルートカードの審査に関することをまとめていきます。

 

最大6,000円分ポイントプレゼント/

審査通過しやすい理由を考察

審査に通るか不安な方もいると思うので審査通過しやすい理由を考察してみたいと思います。

 

審査通過しやすい理由は以下の3つ。

 

  • リクルートサービスが若者向け
  • 最高限度額設定が低い
  • 審査基準を下げてでも使ってもらいたいカード

具体的に解説します。

リクルートサービスが若者向け

リクルート会社の提供するサービスはホテル予約サイトの「じゃらん」や、グルメ系の「ホットペッパーグルメ」、サロン系の「ホットペッパービューティー」などがあります。

 

リクルートカードはこれらのサービスを利用する前提で発行していると予想できるのでターゲット層は「20代」に絞られます。

 

そして一般的な20代というと勤続年数が短く、年収も多くないですから審査に勤続年数や、年収はあまり関係ないと予想できます。

 

無収入の専業主婦なら配偶者に安定継続収入があれば作れますし、フリーターの方でも、収入額についてはそれほど厳しいものとは思えません。

最高限度額設定が低い

リクルートカードの最高限度額は「10万~100万円」と、一般的なクレジットカードより低めに設定されているため、年収が低くても発行できると予想できます。

 

クレジットカードの限度額とは「カードを最高いくらまで使えるかを表した金額」のことです。設定されている限度額に達すると利用限度額が回復するまでカードを使うことはできません。

 

先ほどの「リクルートサービスが若者向け」に続きますが年収が低いからといって作れないことはありません。

審査基準を下げてでも使ってもらいたいカード

リクルートカードは「提携カード」になります。カード会社は、提携先で使ってもらえば利益を得ることができるため多少審査基準を下げてでも積極的にカードを発行してくれると予想できます。

最大6,000円分ポイントプレゼント/

リクルートカードの締め日・支払日

カレンダー

リクルートカードの締め日・支払日は以下のようになります。

 

締め日 支払日
毎月15日 翌月10日
(引き落とし日が土・日・祝日の場合は、翌営業日に引き落とし)

 

支払いが遅れないように気をつけましょう。

まとめ

最後にリクルートカードのメリット・デメリットをまとめます。

 

「リクルートカード」のメリット
  • 本カード・家族カード・ETCカードが年会費無料
  • 還元率1.2%の高還元率カード
  • 電子マネーチャージでもポイントが貯まる
  • ポイント有効期限が実質無期限
  • 国内・海外旅行保険が利用付帯

 

「リクルートカード」のデメリット
  • リクルートポイントの使い道が少ない
  • 「VISA」「MasterCard」はETCカード発行手数料がかかる
  • 還元率がアップする特典がない

リクルートカードは、特別な還元率アップ特典はないものの、基本還元率においては1.2%と同じ年会費無料カードの中ではトップクラスです。

 

単純に「ポイント還元率を重視したい!」という人にはおすすめのカードでしょう♪

 

また、年会費無料で国内・海外旅行保険が両方付帯しているカードはかなり珍しく、他のカードではあまり見かけません。リクルートカードを旅行用のカードとして作っておくのもおすすめです♪

最大6,000円分ポイントプレゼント/

リクルートカードの総合情報

申し込み資格 18歳以上(高校生を除く)で本人または配偶者に安定継続収入のある方
国際ブランド ・VISA
・Mastercard
・JCB
審査・発行 1~2週間
年会費(本人) 初年度 無料
2年目以降 無料
年会費(家族カード) 初年度 無料
2年目以降 無料
限度額 ショッピング 10~100万円(学生は10万円)
キャッシング 0~10万円
ETC 【新規発行手数料】
・VISA(1,000円税抜)
・Mastercard(1,000円税抜)
・JCB(無料)
【年会費】
・全国際ブランド無料
締日/支払日 毎月15日締め/翌月10日払い
支払い方法 1回払い/分割払い/リボ払い/ボーナス1回払い
追加可能カード ・ETCカード
・家族カード
銀聯カード
電子マネー ・楽天Edy
・nanaco
・モバイルSuica
・SMART ICOCA
ポイント交換 ・リクルートポイント→Pontaポイント
ポイント付与 100円=1.2ポイント
※月間利用金額合計の1.2%分のポイントが付与
ポイント還元率 1.2%
ポイント有効期限 1年間
最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで
マイル付与率 -
マイル還元率 -
マイレージ移行期間 -
マイレージ移行手数料 -
海外旅行保険 死亡・後遺傷害  最高2,000万円
傷害治療費用 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万/自己負担額3,000円
国内旅行保険 死亡・後遺傷害 最高1,000万円
入院費用 -
手術費用 -
通院費用 -
ショッピング保険 ・最高200万円
・90日間
その他 不正利用の補償
リクルートカード
リクルートカード
年会費
永年無料
還元率
1.2%
発行
1~2週間
ETC
無料
ギフトボックス最大6,000円分ポイントプレゼント
高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

▼クレカ発行するならポイントサイト経由がお得!▼

カード特典+ポイントサイト特典で2重取り!/

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitter
最新キャンペーン情報などを発信しています。

おすすめ記事