【悲報】楽天ゴールドカード×楽天市場のポイント還元率が改悪

2021年4月1日より、楽天市場にてSPUのポイント倍率変更に伴い、楽天ゴールドカードの利用特典「ポイント+2倍」が終了します。

 

楽天市場をよく利用する人で、楽天ゴールドカードを使っている人には悲しいお知らせですね。

「変更前」「変更後」の違い

楽天ゴールドカードのSPUポイント倍率について「変更前」と「変更後」の違いをまとめます。

 

2021年3月31日まで 楽天ゴールドカードを利用して楽天市場で買い物をすると「ポイント+4倍」
2021年4月1日以降 楽天ゴールドカードを利用して楽天市場で買い物をすると「ポイント+2倍」

 

この変更で、楽天ゴールドカードは、楽天カードと同じ倍率になります。

楽天ゴールドカード「変更前」の倍率内訳

内訳 倍率
楽天カード利用ポイント +1倍
(通常ポイント)
楽天市場での楽天カード利用特典 +1倍
(期間限定ポイント)
楽天市場での楽天ゴールドカード利用特典 +2倍
(期間限定ポイント)
合計 4倍

楽天ゴールドカード「変更後」の倍率内訳

内訳 倍率
楽天カード利用ポイント +1倍
(通常ポイント)
楽天市場での楽天カード利用特典 +1倍
(期間限定ポイント)
合計 2倍

 

参考・参照楽天ゴールドカード サービス改定のご案内|楽天カード

新たな特典「お誕生日月サービス」がスタートする

楽天ゴールドカード×楽天市場のポイント還元率改悪の代わりに、新たに導入されるのが「お誕生日月サービス」です。

 

内容は以下のとおり。

 

楽天市場・楽天ブックス利用でポイント+1倍
(上限2,000ポイント)

お誕生日月だけポイント+1倍になるようですが、変更前のいつでもポイント+4倍がなくなるのは、楽天ゴールドカード所持者にとっては痛手です。

年会費返金について

楽天ゴールドカードの年会費は2,200円(税込)ですが、サービスが改定されたことで、希望すれば年会費が返金してもらえます。

 

年会費返金の条件
2021年1月14日までに楽天ゴールドカードに入会した人

手続きについては、2021年1月14日~2021年3月31日23:59までの期間中に楽天e-NAVIへログイン、メッセージボックスの「楽天ゴールドカード サービス改定のご案内」より手続きできます。

 

これは、楽天ゴールドカードの特典を目的に入会した方への配慮ですね。

 

楽天市場でポイント還元率が楽天カードと同じになるなら年会費は払いたくない!という方は返金手続きをした方がいいでしょう。

今後、楽天ゴールドカードは作るべきか?

楽天ゴールドカードは年会費2,200円(税込)しますが、楽天カードは無料です。今回の改悪で楽天ゴールドカードと楽天カードの違いがほとんどなくなったので、一部の用途を除き作るメリットはないと判断できます。

 

ただ、上位カードである「楽天プレミアムカード」は、楽天市場で利用するとポイント+4倍のままなので、楽天プレミアムカードにおいては、メリット現状維持といった感じですね。

 

2021年4月1日以降の楽天カード(ゴールド・プレミアム含む)について、サービス内容をまとめます。

 

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 永年無料 2,200円(税込) 11,000円(税込)
ブランド ・VISA
・MasterCard
・JCB
・Amarican Express
・VISA
・MasterCard
・JCB
・VISA
・MasterCard
・JCB
・Amarican Express
還元率 1.0% 1.0% 1.0%
SPU
(スーパーポイントアッププログラム)
ポイント+2倍 ポイント+4倍

ポイント+2倍
※2021年4月から
ポイント+4倍
特典 - お誕生日月サービス
※2021年4月より開始
・お誕生日月サービス
・選べるサービス
国内空港ラウンジ - 国内空港ラウンジ年間2回無料 国内空港ラウンジ無料
海外空港ラウンジ - - プライオリティ・パス無料
カード付帯保険 海外旅行保険
(最高2,000万円)
海外旅行保険
(最高2,000万円)
・海外旅行保険
(最高5,000万円)
・国内旅行保険
(最高5,000万円)
・動産総合保険
(最高300万円)

 

見てのとおり、楽天ゴールドカードと楽天カードの違いはほとんどありません。

 

違いは「お誕生日月サービス」「国内空港ラウンジ年間2回無料」があるかないかだけですから、年会費を払ってまで楽天ゴールドカードにする強力なメリットはありません。

 

しかし、楽天プレミアムカードにおいては、楽天市場でポイント4倍のままですし、旅行保険や空港ラウンジ無料特典も充実しているため、用途次第では年会費を払うメリットはあると思います。

まとめ

2021年4月1日以降は、ほとんどの方が楽天カードか楽天プレミアムカードの2択になるでしょう。

 

ただ、年2回以上国内空港ラウンジを利用するなら、年会費を払ってでも楽天ゴールドカードの方がお得になります。

 

これから楽天カードシリーズに申し込む方は、楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードのメリット・デメリットを十分に理解して選ぶようにしましょう。

楽天カード
楽天カード
年会費
永年無料
還元率
1.0%
発行
最短3営業日
ETC
550円(税込)
ギフトボックス最大5,000ポイントプレゼント
高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
主な特徴
いつでも還元率1.0%
楽天市場で還元率3.0%以上
主婦やフリーターでも作りやすい
楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
年会費
2,200円(税込)
還元率
1.0%
発行
最短3営業日
ETC
無料
ギフトボックス最大5,000ポイントプレゼント
高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
主な特徴
楽天市場で還元率3.0%以上
年2回空港ラウンジが無料
海外旅行保険が最高2,000万円
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
年会費
11,000円(税込)
還元率
1.0%
発行
最短3営業日
ETC
無料
ギフトボックス最大5,000ポイントプレゼント
高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
主な特徴
楽天市場で還元率5.0%以上
海外の空港ラウンジが無料
海外・国内旅行保険が最高5,000万円

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitter
最新キャンペーン情報などを発信しています。

おすすめ記事