高還元率カード

おかん
買い物して「いっぱいポイントほしい人」におすすめのカードってことやな。

節約仙人
基本還元率が高いカードは「どこで買い物しても貯まりやすい」のがメリットじゃからな。強力なメインカードとして1枚はもっておきたいカードじゃのー。

「高還元率カード」一覧

還元率の目安
還元率 目安
0.5% 一般
0.75% 一般よりやや高い
1.0% 高い
1.2~1.5% 非常に高い

 

一般的に「還元率1.0%以上」が高還元率と呼ばれるクレジットカードですから還元率1.0%以上の年会費無料クレジットカード一覧です。

おかん
シンプルにいっぱいポイント貯めたい人におすすめのカードや。

【還元率1.2%】リクルートカード

リクルートカード
リクルートカード
年会費
永年無料
還元率
1.2%
発行
1~2週間
ETC
無料
ギフトボックス

最大6,000円分ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

無条件で「還元率1.2%」と年会費無料クレジットカードの中ではズバ抜けており、しかも年会費永年無料のカードです。

 

また、電子マネー「nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA」へのチャージでもポイントが貯まるという魅力があります。

 

「海外旅行保険(最高2,000万円)」「国内旅行保険(最高1,000万円)」が利用付帯しており、+α年間200万円まで補償されるショッピング保険も付帯しているので日常で安心して使いたい人におすすめのカードです。

【還元率1.0%】楽天カード

楽天カード
楽天カード
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短3営業日
ETC
500円(税別)
ギフトボックス

最大5,000円相当ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

「還元率1.0%」の高還元率カードでありながら年会費永年無料です。

 

さらに、楽天市場で利用すると「還元率3.0%」、SPU(スーパーポイントアップ)で「最大16倍」まで延びます。貯まったポイントは楽天市場の支払いに使えるのはもちろん、街中の加盟店でも使うことができます。

 

また、主婦や、フリーターの方でも気軽に申し込めます。

【還元率1.0%】オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント
オリコカード・ザ・ポイント
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短8営業日
ETC
無料
ギフトボックス

最大8000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

シンプルにポイントが貯めやすい「還元率1.0%」の高還元率カードで、年会費永年無料です。

 

さらに、入会後6カ月間は還元率2.0%と、他の主婦向けクレジットカードに比べ群を抜いてトップとなります。

 

また、電子マネーは「iD」「クイックペイ」両方が使える珍しいタイプです。

【還元率1.0%】JCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD W
年会費
永年無料
還元率
1.0%
発行
最短3営業日
ETC
無料
ギフトボックス

最大11,500円分プレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

年会費永年無料で、18歳~39歳以下の方が申し込めるカードです。

 

「いつでも還元率1.0%」の高還元率カードで、JCBオリジナルシリーズ専用サイトを経由すればAmazonやセブンイレブンで還元率2.0%になります。

 

また、海外旅行でも安心の海外旅行保険が利用付帯しています。

【還元率1.0%】dカード

dカード
dカード
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短5営業日
ETC
初年度無料
2年目以降条件付き無料
ギフトボックス

最大8000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

基本還元率は1.0%と高く、年会費永年無料です。

 

dカードをローソンで利用すると3%相お得になったり、dカード特約店でもお得になります。

 

また、dカードの利用で貯まるポイントは幅広い店舗や企業で利用できる共通ポイントですから使い道に困ることもありません。

高還元率カードの特徴

還元率とは、例えば200円で1ポイント獲得でき「1ポイント=1円の価値」であれば還元率0.5%になります。これが100円で1ポイントなら還元率1.0%になります。

 

他にも1,000円で1ポイント獲得でき「1ポイント=5円の価値」で、還元率0.5%というパターンもあるので貯まるポイント数よりも「いくら使えば、実際何円分のポイントが獲得できるのか?」を考えなければいけません。

 

高還元率カードの特徴は大きく2つ
  • 基本還元率が1.0%以上の高還元率カード
  • 特典で2~5倍になる高還元率カード

基本還元率が1.0%以上の高還元率カード

いつでも、どこで使っても一律で高還元率ですから、対象の店舗で使わないと高還元率にならないとか、特典が付く日でないと高還元率にならないとか、そんな細かいことは気にする必要ありません。

 

ですから基本還元率が高いカードは「使いたい時に、使いたい場所で使える」これが一番の魅力でしょう。

 

また、本記事で紹介しているカードも、シンプルに基本還元率が高いカードをピックアップしています。

おかん
ほな、カード選ぶ時は基本還元率だけ見て選んだらええんか?

節約仙人

シンプルにそれでもいいんじゃが、賢い人は「ボーナスや特典」も見ておる。

 

例えば基本還元率が低くても、最もお金を使う店舗で還元率がアップするカードを選べば高還元率カードと呼ばれるカード以上の高還元率カードになることもあるんじゃ。それが「特典で2倍~5倍になる高還元率カード」じゃよ。

特典で2倍~5倍になる高還元率カード

基本還元率とは別に「ボーナスや特典」で還元率がアップすることもあります。

 

では、どういったボーナスや特典があるのか?例をあげると

 

  • 対象カード専用オンラインモールを経由で還元率アップ
  • 対象店舗で還元率アップ
  • 誕生日月など期間限定で還元率アップ
  • 一定金額カード利用して還元率アップ

このように、例え基本還元率が0.5%であっても、ボーナスや特典で還元率がアップするため「基本還元率がすべてではない」と言えます。

 

クレジットカードを選ぶ時は「ベースに基本還元率」、そして「カード会社別のボーナスや特典」で、どれだけ自分にとってお得になるか?を考慮して選ぶことが大事です。

 

例→イオンカードは還元率0.5%ですが、イオングループで使うと1.0%、日によってはそれ以上になることもあります

高還元率カードのメリット

高還元率カードのメリットは、単純に「ポイントが貯まりやすくお得だから」です。

 

還元率0.5%のカードと、還元率1.0%のカードでは貯まるスピードは「2倍の差」ですから、せっかく同じ金額を払っているのにもったいないと思いませんか?

 

これは実際、数字で見るほうがわかりやすいです。

 

年間50万~200万円利用した時の還元率の差額
年間利用額 還元率0.5% 還元率1.0% 差額
50万円 2,500円分 5,000円分 2,500円分
100万円 5,000円分 10,000円分 5,000円分
200万円 10,000円分 20,000円分 10,000円分

 

月単位では数百円の差ですが、年間を通すと目に見えて差がでます。さらに5年~10年となると贅沢な旅行に行けるか行けないかほど大きな差となります。

 

高還元率カードのメリットは年単位でじわじわ差がつくものだと思ってください。

おかん
高還元率カードのデメリットはあるん?

節約仙人

高還元率自体にデメリットはないが、高還元率カードの中には「旅行保険が付帯していないカード」や、「ボーナスや特典が極端に少ないカード」といったものもある。

 

じゃから還元率だけでなく、そういったオプション面も注意して見ておく必要があるんじゃ。

高還元率カードの選び方

高還元率カードといっても貯めたポイントの使い道が違ったり、有効期限も違ったりと、カードによって様々な特徴があります。

 

ここでは高還元率カードの選び方として「確認しておくべき点」を見ておきましょう。

貯まるポイントの使い道

いくらポイントが貯まりやすい高還元率カードであっても「貯まるポイントの使い道がない」となれば意味がありません。そのカードで貯まるポイントは「どこで使えるのか?」「何に交換できるのか?」などをカード契約前に必ず事前確認しておきましょう。

 

貯めた後の”目的”を明確にしておくことも大事です。

いつまで使えるポイントか?ポイントの有効期限

ポイントの有効期限は各カード会社別に決まっています。永久に失効しないポイントもありますが、だいたいは1年~2年程度で失効してしまいます。

 

クレジットカードで貯まるポイントは現金のように目に見えないため「忘れやすい」のが特徴ですから、有効期限がいつまでか?をしっかり確認しておきましょう。

 

また、貯めたポイントの価値は現金と同じであるのに「現金=ポイント」とならないのが人の心理です。

 

例えば、あと一カ月で1,000円が消えるなら、誰だって何かに使うはずですが、ポイントとなると「もともとなかったもの(ポイント)だからいいや」という人が多い。これがポイントを失効させてしまう原因で、そんな人が「全体の約5割」というデータもあります。

 

ですから「ポイントはお金」という意識をしっかり持って貯めていくことが大事です。

何ポイントから交換できるのか?最低交換ポイント

1ポイントから使えるポイントもあれば、500ポイントから500円分単位で使えるポイントなど様々です。

 

これが意外な落とし穴で「ハードルが高いから貯まりきってから交換しようとしたら有効期限が切れてしまった」というパターンもあるため、各カード別に確認しておく必要があります。

複数枚のカードを使い分ける

利用頻度の高いポイントアップ店舗で、その対象のカード1枚と、どこでも使えるオールマイティな高還元率カードを1枚という複数持ちが賢い利用方法でしょう。

 

管理は大変になりますがクレジットカードを最大限に活用するなら用途別に使い分けるのがベスト。

高還元率カードのQ&A

「ポイント付与率」と「ポイント還元率」の違いは?

おかん
ポイント付与ってのは「いくら使えば1ポイントもらえるか?」を表す割合で、ポイント還元率ってのは「1ポイントで何円相当に交換できるか?」を表す割合のことや。

ポイント還元率の計算方法は?

おかん
例えば1,000円の買い物で1ポイント付与されるカードがあるとするやろ?っで「1ポイント=5円の価値」なら計算はこうなる「(5円÷1,000円)×100=0.5%」

ポイントの確認方法は?

おかん

毎月の支払い明細とか、会員限定のWEBサービスで確認できると思うわ。

 

あとは専用アプリがあれば、どこでも確認できるって感じやな。カード会社によって異なるから確認しとき。

高還元率カード「おすすめベスト3」

おかん
おかーちゃんと仙人が選んだ「高還元率カードおすすめベスト3」や。
カード名

リクルートカード

楽天カード

JCB CARD W

リクルートカード 楽天カード JCB CARD W
還元率 1.2% 1.0% 1.0%
旅行保険 海外旅行保険
国内旅行保険
海外旅行保険 海外旅行保険
発行スピード 通常発行
(1~2週間以上)
スピード発行
(2日~1週間以内)
スピード発行
(2日~1週間以内)
年会費 永年無料 永年無料 永年無料
詳細/公式

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう