生活費の現金払いは損!クレジットカード払いをおすすめする4つの理由

生活費は毎月かかるものですから、少しでもお得にしたいという方も多いでしょう。

 

そんな時は「現金払いをクレジットカード払いに切り替える」だけで、毎月の生活費がお得になります♪

 

では、なぜクレジットカード払いに切り替えたらお得になるのか?その理由と、生活費の支払いに適したクレジットカードの選び方も解説していきたいと思います。

節約仙人
また、生活費の支払い用として、おすすめのクレジットカードも3枚厳選してみたぞい♪

生活費の現金払いは損!クレジットカード払いをおすすめする4つの理由

レジでクレジットカード決済する女性

生活費は、現金払いするよりクレジットカード払いした方がお得です。おすすめする理由は以下の4つ。

 

  • ポイントが貯まる
  • 家計が管理しやすくなる
  • ATM手数料の負担を減らせる
  • 特定の店舗やサービスで特典が受けられる

具体的に解説していきます。

ポイントが貯まる

まず1つ目は、クレジットカード払いすると、利用金額に応じてポイントが貯まること。

 

例えば、還元率1.0%のクレジットカードで生活費1万円を支払うと「100円分」のポイントが付与するので、実質9,900円となり、現金決済よりお得に買い物することができます。

 

また、貯めたポイントは「1ポイント=1円分」として、店舗で利用、商品・マイルなどへ交換することも可能です。

節約仙人
クレジットカード払いならポイント分で生活費がお得になるぞ♪

家計が管理しやすくなる

続いて2つ目は、家計が管理しやすくなること。

 

例えば、固定費の支払い日で厄介なのが「支払日がバラバラ」であること。支払い忘れしたり、いちいち思い出さないといけないのは非常に面倒ですよね。

 

しかし、固定費をクレジットカード払いすることで「毎月決まった日に自動引き落とし」されるため家計管理が楽になります♪

 

主な固定費には以下のものがあります。

 

  • 電気・ガス・水道(公共料金)
  • 携帯代
  • ネット代
  • 年金
    など

節約仙人
また、クレジットカードのWeb明細を利用すれば、いつでも利用明細が確認でき固定費以外の支払いでも家計管理しやすくなるぞ♪

ATM手数料の負担を減らせる

続いて3つ目は、ATM手数料の負担を減らせること。

 

生活費を現金払いすると、銀行のATMを利用する頻度も多くなります。その際にATM手数料が取られるケースも少なくないでしょう。

おかん
ATMを利用したい時に限って時間外手数料取られる時あるわー。

節約仙人
ATMの手数料は100~200円ほどじゃが、積み重なると大きな出費になってしまうからのー。もったいない。

しかし、クレジットカード払いなら「手数料は加盟店負担」ですから、手数料という無駄な出費は一切かかりません。

 

注意点
クレジットカードで分割・リボ払いを利用すると、手数料が発生するので気をつけてください。

このため、クレジットカードの利用で手数料を0円にするには「一括払い」で決済しましょう。

特定の店舗やサービスで特典が受けられる

後の4つ目は、クレジットカード払いすることで特定の店舗やサービスで特典が受けられること。

 

クレジットカードによる特典には以下のようなものがあります。

 

  • コンビニやスーパーで商品の割引
  • カラオケや映画館でサービスの割引
  • ケータイ料金の割引
  • 飲食店の優待
    など

節約仙人
クレジットカードによる特典は、カードによって異なる。普段よく利用する店舗やサービスでお得になるクレジットカードを選ぶことがポイントじゃ。

生活費をクレジットカード払いにした場合「毎月約2,600円分得する」

豚の貯金箱とお金

生活費をクレジットカード払いにした場合、毎月「約2,600円分」現金払いよりお得になります。

 

では、どのような内訳で約2,600円分お得になるのか?シュミレーション結果を見てみましょう。

約2,600円分お得になるシュミレーション結果

総務省統計局が発表している「二人以上の世帯の家計調査報告(2020年7月)」より、生活費を参考にします。

 

参考・参照統計局ホームページ/家計調査報告 ―月・四半期・年―

 

また、クレジットカードの還元率は1.0%とします。

 

生活費(一ヶ月) 貯まるポイント
食費 79,290円 792ポイント
住居 16,911円 169ポイント
光熱・水道 17,779円 177ポイント
家具・家事用品 15,368円 153ポイント
被服及び履物 8,659円 865ポイント
保険医療 15,090円 150ポイント
交通・通信 36,535円 365ポイント
教育 8,214円 821ポイント
教養娯楽 23,874円 238ポイント
その他の消費支出 45,178円 451ポイント
合計 266,898円 2,669ポイント

 

毎月、生活費をクレジットカード払いすると「約2600ポイント」貯めることができます。

おかん
年間にすると「31,200円分」お得になるやん。

節約仙人
あくまで二人以上世帯の全国平均のデータじゃ。それぞれの家庭で生活費は大きく異なるが、クレジットカード払いは、確実にお得になること間違いなしじゃ。

生活費は、一生かかるものですから、可能な限りクレジットカードで支払った方がお得です。現金払いだと1円もお得にならないので。

 

もし「クレジットカード払いは、使い過ぎそうで怖い・・・」と不安でしたら、固定費だけでもクレジットカード払いにするのもありです♪

生活費の支払い用に適したクレジットカードの選び方

生活費の支払い用にするクレジットカードの選び方は、以下の3つが基本になります。

 

  • 還元率が高いこと
  • 年会費無料であること
  • 貯まるポイントが使いやすいこと

以上の条件を満たすクレジットカードなら、生活費の支払い用として活躍してくれるでしょう♪

 

また、クレジットカードには、サービス(空港ラウンジが無料、海外旅行でのサポート)が充実したものもありますが、あくまで「生活費の支払い用」としてのクレジットカードを選ぶようにしましょう。

 

では、3つの基本を具体的に見ていきましょう。

還元率が高いこと

生活費の支払い用にするクレジットカードの条件で、最も重要なのが「還元率の高さ」です。

 

ポイント還元率が高ければ高いほど、クレジットカード払いで付与されるポイントが貯まりやすくなるからです。

おかん
還元率はどれぐらいがええの?

節約仙人
クレジットカードの平均還元率は0.5%じゃ、しかし中には還元率1.0%といった高還元率カードもある。選ぶべきカードは還元率1.0%じゃな。

例えば、還元率0.5%のカードと、還元率1.0%のカードで、毎月20万円分の生活費を支払った場合、1年払い続けると、どれほど差が出るのか?というと

 

還元率 1ヶ月
(ポイント付与)
1年
(ポイント付与)
0.5% 20万×0.005=
1,000円分
20万×0.005×12ヶ月=
12,000円分
1.0% 20万×0.01=
2,000円分
20万×0.01×12ヶ月=
24,000円

 

このように、1ヶ月では、1,000円分の差ですが、年単位で見ると「12,000円分の差」となるので還元率の高いクレジットカードを選択した方が間違いなくお得になります。

年会費無料であること

続いて、生活費の支払い用にするなら「年会費無料」であることも重要です。

 

クレジットカードには年会費がかかる「有料カード」もありますが、有料カードの特徴は「サービスが充実している、保険が充実している」というものが多く、生活費の支払い用としては、あまりメリットがありません。

おかん
でも、有料カードの方が還元率高いんちゃうの?

節約仙人
実は、有料も無料も還元率に差はないんじゃ。じゃから年会費有料カードだからといって、生活費の支払いがお得になるということはないぞ。

年会費無料カードなら、使っても使わなくても一生0円なので、維持コストがかからず安心して利用できるメリットがあります♪

貯まるポイントが使いやすいこと

最後に「貯まるポイントが使いやすいこと」も重要です。

 

せっかく、ポイントを貯めても、使い道がなければ意味がありません。選んだクレジットカードで「どんなポイントが貯まるのか?」をチェックしておく必要があります。

 

例えば、楽天カードなら、楽天ポイントが貯まるので楽天市場をよく利用する方におすすめのカードです。

 

ちなみにポイントの使い道には以下のようなものがあります。

 

  • 街中の加盟店で直接使う
  • 電子マネーへチャージする
  • 商品・商品券と交換する
  • マイルへ交換する
  • 他社ポイントと交換する
    など

節約仙人
還元率や、年会費だけじゃなく「貯まるポイントをどう使うか?」とイメージしておくことも大事じゃ。

生活費の支払いにおすすめしたいクレジットカード3選

クレジットカードを持つ手

生活費の支払いにおすすめしたいクレジットカードは以下の3枚。

 

いずれも先ほど解説した「還元率が高い」「年会費が無料」「貯まるポイントが使いやすい」が揃っているクレジットカードです。

 

各クレジットカードの特徴を具体的に解説していきます。

とにかくポイントが貯まりやすい「楽天カード」

楽天カード
楽天カード
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短3営業日
ETC
500円(税別)
ギフトボックス

最大5,000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
\楽天カードはこんなカード/
  • 【年会費】
    永年無料
  • 【基本還元率】
    1.0%
  • 【お得になる主な特典】
    ・楽天市場で利用すると最低3.0%還元
    ・SPU(スーパーポイントアップ)で最大16%還元
    など
  • 【貯まるポイント】
    楽天ポイント
  • 【ポイントの使い道】
    ・楽天サービス(楽天市場など)で使う
    ・街中の加盟店で使う
    など

楽天カードの通常還元率は1.0%、楽天市場では最低3.0%と、とにかくポイントが貯まりやすいカードで、生活費の支払い用にするには最適なカードでしょう♪

 

特に楽天のサービスをよく利用する方は、ものすごいスピードでポイントが貯まっていくので気が付けば数千ポイント貯まっていた!なんてことも♪

 

また、貯まる楽天ポイントも楽天のサービス、街中の加盟店などで幅広く使えますし、ポイントの有効期限も「1年以内に新たにポイントを獲得すると1年延長」されるので、楽天カードを利用している限りポイント失効する心配もありません♪

節約仙人
楽天カードは、ポイントが貯まりやすく、貯めたポイントも使いやすいカードじゃ。クレジットカード初心者なら総合的に使いやすいカードじゃろう♪
最大5,000ポイントプレゼント/

 

Amazonやセブンイレブンで還元率2.0%「JCB CARD W」

JCB CARD W
JCB CARD W
年会費
永年無料
還元率
1.0%
発行
最短3営業日
ETC
無料
ギフトボックス

最大11,500円分プレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
\JCB CARD Wはこんなカード/
  • 【年会費】
    永年無料
  • 【基本還元率】
    1.0%
  • 【お得になる主な特典】
    ・Amazonやセブンイレブンで2.0%還元
  • 【貯まるポイント】
    OkiDokiポイント
  • 【ポイントの使い道】
    ・JCBプレモカードへ等価交換
    ・Amazonで使う
    ・クレジットカードの利用金額に充当
    など

JCB CARD Wは「18歳~39歳以下」の方限定のクレジットカードです。

 

通常のJCBカードの還元率は0.5%ですが、JCB CARD Wの「W(ダブル)」は2倍という意味で、常にポイント2倍の還元率1.0%になります。

 

また、Amazonやセブンイレブンでは、還元率2.0%になるので、ネットショップ、リアル店舗でも使いやすいカードでしょう♪

 

貯まるOkiDokiポイントは、商品券や商品、マイルや他社ポイントに交換することもできますし、もし使い道がなければクレジットカードの支払い金額に充当できるので、ポイントを余らせる心配もありません♪

節約仙人
JCB CARD Wは39歳以下限定の若者向けのカードじゃ。ただ、一度作ってしまえば40歳を超えても持ち続けることができるぞ♪

おかん
39歳以下の人は今しか作れへんってことか。
最大11,500円分プレゼント/

特定の店舗でお得になる「dカード」

dカード
dカード
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短5営業日
ETC
初年度無料
2年目以降条件付き無料
ギフトボックス

最大8000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
\dカードはこんなカード/
  • 【年会費】
    永年無料
  • 【基本還元率】
    1.0%
  • 【お得になる主な特典】
    ・高島屋で3.0%還元
    ・マツモトキヨシで最大4.0%還元
    ・マクドナルドで2.0%還元
    ・Amazon・楽天市場で1.5%還元
    など
  • 【貯まるポイント】
    dポイント
  • 【ポイントの使い道】
    ・ドコモケータイの利用料金に充当
    ・街中の加盟店で使う
    など

dカードは、ドコモが発行するクレジットカードですが、ドコモユーザー以外でも作ることができます。

 

dカードの通常還元率は1.0%、さらに百貨店などの特定の店舗では、還元率が大幅にアップするので生活費の支払い用として活躍してくれること間違いなしです♪

 

また、貯まるdポイントは、マツモトキヨシ、マクドナルドなど街中の加盟店で幅広く使えますし、ドコモユーザーならドコモケータイの利用料金にも利用することができます。

節約仙人
dカードので貯まるdポイントは加盟店が多く使いやすいぞ♪
最大8,000ポイントプレゼント/

 

まとめ

生活費をクレジットカード払いするだけで、年間数千~数万円分のポイントが貯まります。しかし、現金払いでは、何にも貯まらないので圧倒的に"損"してしまいます。

 

生活費をクレジットカード払いするメリットをもう一度まとめると

 

  • ポイントが貯まる
  • 家計が管理しやすくなる
  • ATM手数料の負担を減らせる
  • 特定の店舗やサービスで特典が受けられる

総合的に現金払いよりお得になることは間違いないでしょう。

 

注意点
クレジットカードを利用することで「逆に無駄遣いが増えてしまった・・・」という本末転倒なケースもあるので要注意。クレジットカードで貯めるポイントは、あくまで”おまけ”ですから、ポイントを貯めることを目的にしないようにしましょう。

 

また、生活費の支払い用として、おすすめのクレジットカードは以下の3枚。

とにかくポイントが貯まりやすく初心者におすすめ
楽天カード
楽天カード
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短3営業日
ETC
500円(税別)
ギフトボックス

最大5,000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

「還元率1.0%」の高還元率カードでありながら年会費永年無料です。

 

さらに、楽天市場で利用すると「還元率3.0%」、SPU(スーパーポイントアップ)で「最大16倍」まで延びます。貯まったポイントは楽天市場の支払いに使えるのはもちろん、街中の加盟店でも使うことができます。

 

また、主婦や、フリーターの方でも気軽に申し込めます。

39歳以下の人におすすめ
JCB CARD W
JCB CARD W
年会費
永年無料
還元率
1.0%
発行
最短3営業日
ETC
無料
ギフトボックス

最大11,500円分プレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

年会費永年無料で、18歳~39歳以下の方が申し込めるカードです。

 

「いつでも還元率1.0%」の高還元率カードで、JCBオリジナルシリーズ専用サイトを経由すればAmazonやセブンイレブンで還元率2.0%になります。

 

また、海外旅行でも安心の海外旅行保険が利用付帯しています。

特定の店舗でお得に利用したい人におすすめ
dカード
dカード
年会費
永年無料
還元率
1.0%~2.0%
発行
最短5営業日
ETC
初年度無料
2年目以降条件付き無料
ギフトボックス

最大8000ポイントプレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

基本還元率は1.0%と高く、年会費永年無料です。

 

さらに、マクドナルドで2.0%還元、マツモトキヨシでは4.0%還元など、特定の店舗で利用するとお得になるカードです。

 

また、dカードの利用で貯まるポイントは幅広い店舗や企業で利用できる共通ポイントですから使い道に困ることもありません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう