楽天Edyと楽天ペイの4つの違い!お得なのはどっち?

「楽天Edyと楽天ペイの違いがわからない」

「お得になる方を使いたい!」

 

楽天Edyと楽天ペイ、名前が似ているうえに同じキャッシュレス決済サービスですから、何がどう違ってどっちがお得なのか?わからないですよね。

 

まず、主な違いは全部で4つあります。

 

  • 還元率が違う
  • 支払い方法が違う
  • 使い方が違う
  • 期間限定ポイントが使えるかどうかが違う

この違いから総合的にお得になるのは「楽天ペイ」です。

 

では、それぞれどう違うのか?なぜ楽天ペイの方がお得なのか?具体的に解説していきたいと思います。

【重要】1つ目の違いは還元率!お得なのは「楽天ペイ」

QRコード決済

まず、1つ目の違いは還元率!

 

楽天Edyと楽天ペイどちらがお得か?というと「楽天ペイ」の方がお得です。以下の還元率表を見てください。

 

支払い時 楽天カード
(チャージ)
合計
楽天Edy 0.5% 0.5% 最大1.0%
楽天ペイ 0.5% 1.0% 最大1.5%

 

違いは赤文字の部分。楽天カードからチャージした場合、楽天Edyは0.5%ですが、楽天ペイは1.0%還元されます。

 

これによって0.5%分の差があるため、同じ支払いをしても楽天ペイの方がお得ということがわかります。

おかん
少しでも多くのポイントを貯めたいなら「楽天ペイ」ってことや♪

他社カードを紐づけた場合も「楽天ペイ」の方がお得!

楽天Edy 他社カードのポイントが付与
※ポイント付与されないカードが多い
楽天ペイ 他社カードのポイントが付与

 

楽天Edyも楽天ペイも他社カードを紐づけて使うことができ、他社カードからチャージした場合は「各カード会社のポイント」を貯めることができます。

 

しかし、楽天Edyの場合は「電子マネーへのチャージはポイント付与対象外」となるカードが多く、手持ちのカードではポイントが貯まらない可能性があります(楽天カードやリクルートカードは貯まる)

 

一方、楽天ペイの場合は楽天カード以外で「VISA、Mastercard、JCB、American Express」であればポイント付与されるので、その使い勝手の良さも含めて楽天ペイの方がお得ということになります♪

節約仙人
ここまでは最も重要な楽天Edyと楽天ペイの「還元率の違い」じゃ。次からは還元率以外の違いも見ていこう。

楽天Edyと楽天ペイ残り3つの違い!

還元率以外で楽天Edyと楽天ペイの主な違いは以下の3つ。

 

  • 支払い方法が違う
  • 使い方が違う
  • 期間限定ポイントが使えるかどうかが違う

具体的に解説します。

支払い方法が違う

楽天Edy 前払い式
楽天ペイ 前払い式+後払い式
(2パターン選べる)

 

楽天Edyは事前チャージ後、その残高で支払う「前払い式(プリペイド)」の電子マネーです。チャージ方法は「現金」「クレジットカード」「ポイント」から選択できます。

 

楽天ペイは、クレジットカードから事前チャージして使う「前払い式」と、支払い元をクレジットカードに設定して使う「後払い式(ポストペイ)」の2パターンから選ぶことができます。

 

使い勝手がいいのは、2パターンから選べる楽天ペイですね♪

 

また、楽天ペイは支払い元をクレジットカードに設定すれば事前チャージが不要なので手間が省けます。

使い方が違う

楽天Edy 専用リーダーにかざして支払う
楽天ペイ ・QRコードを読み取る
・バーコードを店員に提示
(いずれか2パターン)

 

楽天Edyは、専用リーダーにかざして支払います。「シャリ~ン」と鳴れば決済完了となります。

 

「楽天Edy」使い方イメージ

楽天ペイはアプリを立ち上げて「QRコードを読み取るパターン」「バーコードを店員に提示するパターン」の2パターンあります。どちらのパターンで支払うかは店舗によります。

 

「楽天ペイ」使い方イメージ

ちなみに決済が早いのは、かざすだけで決済ができる楽天Edyです♪

おかん
支払いスピードを重視するなら楽天Edyやな♪

期間限定ポイントが使えるかどうかが違う

〇=使える、×=使えない
通常ポイント 期間限定ポイント
楽天Edy ×
楽天ペイ

 

楽天Edyの場合、通常ポイントのみ電子マネーにチャージできます。期間限定ポイントではチャージできません。

 

楽天ペイの場合、通常ポイントも使えて期間限定ポイントも使えます。また、ポイント払いする時は期間限定ポイントから消化してくれるのも嬉しいメリットです♪

 

期間限定ポイントを消化したい人は、楽天ペイがおすすめですよ♪

楽天Edyと楽天ペイはどんな人におすすめ?

お得なのは楽天ペイですが、使う人によっては楽天Edyの方がいい!という人もいるでしょう。

 

そこで、楽天Edyと楽天ペイはどんな人におすすめか?を見ていきましょう♪

楽天Edyがおすすめな人

  • 使い過ぎてしまう人
  • スピード決済したい人

楽天Edy最大の特徴は「前払い式」であることです。残高を使い切ってしまうとそれ以上使えないので使い過ぎてしまう人におすすめの決済サービスでしょう♪

 

例えば「今月は2万円まで」と自分で決めておけば、それ以上使えなくなるので安心ですね。

 

また、決済スピードも専用リーダーにかざすだけで完了するのでスマートな支払いができますよ♪

楽天ペイがおすすめな人

  • より多くポイントを貯めたい人
  • 手間をかけずに使いたい人

最大還元率が高いのは楽天ペイです。楽天Edyより多くのポイントを貯めることができるのでお得です♪

 

また、クレジットカードを支払い元にしておけばチャージする手間がなくなるのもメリットです。

節約仙人
ちなみにクレジットカード払いになら翌月にカード利用代金と一緒に請求される。手元にお金がなくても決済できるぞ♪

ただし、楽天ペイでクレジットカード払いすると最大1.5%還元は受けられません。

 

楽天ペイ最大1.5%還元を受けるには?
楽天カードからチャージして支払うことが条件です。

まとめ

楽天Edyと楽天ペイの違いから、総合的にお得で便利なのは「楽天ペイ」でしょう。

 

ただ、どちらも無料のサービスですから、両方使ってもOK!例えば「普段は楽天ペイで、楽天ペイが使えない場所では楽天Edyを使う」といった使い方もおすすめですよ♪

 

また、どちらも高還元率の恩恵を受けるには「楽天カードが必須」ということがわかります。楽天カードをまだ持っていない人はこの機会に作ってみてはいかがでしょうか♪

 

「楽天ペイ+楽天カード」のセットが最も還元率が高くてお得!

 

楽天カード
楽天カード
年会費
永年無料
還元率
1.0%
発行
最短3営業日
ETC
550円(税込)
ギフトボックス(9月21日まで)最大8,000ポイントプレゼント
高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー
主な特徴
いつでも還元率1.0%
楽天市場で還元率3.0%以上
主婦やフリーターでも作りやすい

▼クレカ発行するならポイントサイト経由がお得!▼

カード特典+ポイントサイト特典で2重取り!/

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitter
最新キャンペーン情報などを発信しています。

おすすめ記事