「VISA」「MasterCard」「JCB」どれがいい?

世界中で知名度と人気が高いのが「VISA」「MasterCard」「JCB」の3大国際ブランド。他にもアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブなどもありますが、初めてクレジットカードを作るなら前者の3大ブランドがおすすめです。

 

そこで本記事では、3大ブランドVISA、MasterCard、JCBのメリット・デメリットを比較し、おすすめの国際ブランドを紹介します。

VISAのメリット・デメリット

VISA

VISAのメリット・デメリットをまとめると

 

メリット ・世界シェア率&加盟店数1位
・VISA採用のクレジットカードが多く選択肢が豊富
デメリット ・プロパーカードがない

 

具体的に解説します。

VISAのメリット

VISA最大のメリットは、圧倒的な加盟店の多さ。さらにシェア率は全世界で約56%という高い数値となっています。国内はもちろん、海外でも活躍してくれること間違いありません。

 

また、VISA採用のクレジットカードは多く、幅広い選択肢の中から発行できるのも魅力の一つです♪

節約仙人
VISAブランドは信頼性が高く、セキュリティー面でも安心して使えるぞ。それも人気の理由じゃ。

VISAのデメリット

VISAのデメリットは、プロパーカードがないこと。プロパーカードとは、自社が発行しているクレジットカードのことで、一般的にプロパーカードの方がステータス性は高いといわれています。

節約仙人
「ステータス性が高い=お金持ち」というイメージじゃ。VISAのような提携カードよりもプロパーカードの方が、その傾向は高い。

VISAのクレジットカードでステータス性にこだわるならランクの高いカード(ゴールドカードなど)を持つ必要があります。

MasterCardのメリット・デメリット

MasterCardのロゴ

MasterCardのメリット・デメリットをまとめると

 

メリット ・海外旅行に強い(特にヨーロッパを中心に)
・優待割引などの特典がある
デメリット ・プロパーカードがない

 

具体的に解説します。

MasterCardのメリット

VISAの次にシェア率が高いのはMasterCard。約26%と世界2位ですから、ほぼ全世界で使える普及率の高い国際ブランドです。

 

そんなMasterCard最大のメリットは海外旅行に強い点。特にヨーロッパを中心に加盟店が多く、よく海外旅行へ行かれる方は、おすすめでしょう♪

 

また、MasterCardには、レストラン・観光施設・ホテルなど様々な場所で優待割引が受けられる特典もあります。

節約仙人
ちなみに優待割引は、日本のみならず、ハワイ・香港・シンガポールなどでも受けることができるぞ。

MasterCardのデメリット

MasterCardのデメリットは、VISA同様にプロパーカードがないこと。従ってステータス性は低く見られる傾向にあります。

 

また、大差はありませんがVISAブランドに比べると利用できる店舗が少ないため、わざわざVISAではなくMasterCardにするメリットがあまり存在しないという。

節約仙人
MasterCardが利用できる店舗は、VISAでもほぼ利用できてしまうんじゃ。つまりVISAで事足りるということじゃ。

ただ、稀に「VISAは使えないが、MasterCardは使える」といった施設もあります。完璧に対策するならVISAとMasterCardの2枚持ちが鉄板でしょう♪

JCBのメリット・デメリット

JCBのロゴ

JCBのメリット・デメリットをまとめると

 

メリット ・プロパーカードがある
・国内で加盟店が非常に多い
デメリット ・海外では加盟店が少ない

 

具体的に解説します。

JCBのメリット

VISAやMasterCardとの違いは、プロパーカードを発行していること。VISA、MasterCardと比較するとステータス性は高くなるので、シーンを選ばず使いたい方はJCBブランドがおすすめでしょう♪

 

また、国内で加盟店が非常に多いため、どこでも利用できるメリットがあります。

節約仙人

ちなみにJCBはディズニー関連の特典が多く、ディズニーファンにとっては大きなメリットになるじゃろう。

 

一例としては「ディズニーチケット・グッズ交換・貸切ツアーなどの限定イベントへの参加」などがある。

JCBのデメリット

VISAやMasterCardと比べ海外での加盟店が少ないのがデメリットになります。そのため、海外旅行時にJCBのクレジットカード1枚のみだと、かなり心細くなってしまいます。

 

趣味や仕事で海外へよく行かれる方は、JCBに加え、VISAかMasterCardもサブカードとして1枚持っておくといいでしょう。

おかん

ここまでをまとめると、加盟店数が多くて海外でも使いやすいのがVISAとMasterCard。国内で圧倒的に便利なのはJCBってわけか。

 

結局おすすめの国際ブランドはどれなん?

節約仙人
おすすめの国際ブランドは、やはり世界No.1シェアを誇るVISAじゃ。理由を次で解説しよう。

おすすめの国際ブランドは「VISA」

3大ブランドの中で最もおすすめなのは「VISA」

 

シェア数や加盟店数が最も多く、国内だけでなく海外でも幅広く利用できるので、とにかく使いやすい国際ブランドです。MasterCardとの比較ですが、海外での加盟店数を踏まえるとVISAに軍配が上がります。また世界シェア1位がVISA、2位がMasterCardという数字的根拠もあります。

節約仙人
カード決済できる場所では、ほぼ9割はVISAが使えると思っていいじゃろう。

ただ、正直国内ならVISAでも、MasterCardでも、どちらでも問題ないぐらいどこでも使えるので深く考える必要はありません。

 

とは言っても、クレジットカードを初めて作る方で、どの国際ブランドにするか迷っている方なら、とりあえずVISAにしておけば間違いないでしょう♪既にVISAのクレジットカードを持っている方ならMasterCardでもOK♪

 

次にVISAブランドのおすすめカードを紹介します。

VISAブランドのおすすめカードは「三井住友カード」

三井住友カード
年会費

初年度無料

2年目以降条件付き無料
還元率
0.5%~0.65%
発行
最短3営業日
ETC
500円(税抜)初年度無料
ギフトボックス

利用代金20%(最大8,000円)プレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

VISAでクレジットカードを作るなら三井住友カードがおすすめです。 

 

三井住友カードは銀行系カードということもあり、安心のセキュリティーを備えています。それに流通系カード(イオンカードなど)よりも私的な印象が少ないためプライベートでもビジネスシーンでも使い分けられる利便性も持っています。

 

また、国内・海外ともに、紛失・盗難の連絡を24時間無休で受け付けており、ショッピング補償は最高100万円まで補償してくれます。

 

還元率については、0.5%ですが、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどの主要コンビニでは、ポイント5倍の還元率2.5%になるのも魅力的です♪(付帯する電子マネーiDで支払ってもポイント5倍)

節約仙人

三井住友カードは、VISAブランドが標準で付いており、国内での利用だけでなく海外でも持ち歩きやすいカードじゃ。

 

また、海外旅行時に安心できる最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯しておるぞ♪

※三井住友カードの海外旅行傷害保険は「自動付帯300万円+利用付帯1700万円の合算額」です。

利用代金20%(最大8,000円)プレゼント/

まとめ

最後に3大ブランド「VISA」「MasterCard」「JCB」の特徴を総まとめします。

 

国際ブランド シェア率 国内での使いやすさ 海外での使いやすさ メリット デメリット
VISA
VISAのロゴ
約56% ・世界シェア率&加盟店数1位
・VISA採用のクレジットカードが多く選択肢が豊富
・プロパーカードがない
MasterCard
MasterCardのロゴ
約26% ・海外旅行に強い(特にヨーロッパを中心に)
・優待割引などの特典がある
・プロパーカードがない
JCB
JCBのロゴ
約1% × ・プロパーカードがある
・国内で加盟店が非常に多い
・海外では加盟店が少ない

 

このように、3大ブランドといっても特徴は様々です。特に最初の1枚目という方なら「クレジットカードをどこで使うのか?」を考えて慎重に選ぶ必要があります。

 

もし、海外でも使いたいならVISAをメインカードにして、MasterCardかJCBをサブカードにすると良いでしょう♪

利用代金20%(最大8,000円)プレゼント/
この記事におすすめのカード(三井住友カード)
三井住友カード
年会費

初年度無料

2年目以降条件付き無料
還元率
0.5%~0.65%
発行
最短3営業日
ETC
500円(税抜)初年度無料
ギフトボックス

利用代金20%(最大8,000円)プレゼント

高還元率
海外旅行保険
国内旅行保険
マイル
家族カード
電子マネー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitter
最新キャンペーン情報などを発信しています。